ヘッジファンド業界のレジェンドは「現代美術の目利き」

写真拡大

アートが分からなければ21世紀は分からない? ということで、フォーブス ジャパンでアートの新連載がスタート。第1回は、世界のメガコレクター訪問。ヘッジファンド業界のレジェントにして現代美術の目利き、ハワード・ラチョフスキー氏のダラスの邸宅を、サザビーズの前社長・石坂泰章が訪ねた。

この10年以上常に世界のトップコレクター200人にランクインされている世界有数の現代美術コレクター、ハワード・ラチョフスキー氏(71)のダラスの邸宅をダラス市に訪ねた。

ルーチョ・フォンタナをはじめとする20世紀イタリア美術の世界的なコレクターであり、「具体」など日本の50〜60年代に美術にいち早く注目したことでも知られる。

実は、ラチョフスキー氏はヘッジファンド業界伝説の人物でもある。ロースクール卒業後、弁護士業を営む傍ら株式投資を手掛け、1972年には米国南部最初のヘッジファンドを立ち上げた。1986年の『フィナンシャル・ワールド』誌では「ウォールストリートの高額所得者ランキング100」に名を連ねた正真正銘の大富豪だ。
 
邸宅の正門で主任学芸員のトーマス・フュルマー氏が気さくに出迎えてくれた。トーマスは美術の修士を取得後、フォートワース近代美術館に2年勤めてからラチョフスキー・コレクション専属になり12年経つ。彼を含め6名の専属学芸員たちがラチョフスキー氏の手足となって動くことが、同氏のビジネス、趣味の両分野での活躍を可能にしている。


ロサンゼルスのケディ美術館など手掛けたりリチャード・マイヤー建築の邸宅。ダラス市美術館への寄贈が将来的に予定されている。手前はロバート・アーウィンのランド・アート<Titled Planes>。

邸宅とそのコレクションに見とれていると、ひげを蓄えた温和な感じのラチョフスキー氏が、チャーミングなシンディー夫人とともに、ラフな格好で姿を現した。余談だが、ロシアのこのクラスのコレクターだったら、機関銃を構えたボディーガードの2回のボディーチェックを経ないと、まずは本人に会えない。

「どうぞゆっくりしていってください。その後、ここから車で15分くらい行ったところの、WAREHOUSEという私の展示スペースでコレクションの一端をご覧になれます」
 
話は弾み、コレクションを始めたきっかけから、好きなアートの分野、チャリティーに対する哲学まで広範囲に及び、取材は予定の時間をあっという間に過ぎてしまった。
 
ラチョフスキー氏のコレクション歴は80年代初頭にまでさかのぼる。当時は財力に限りがあったので、もっぱらピカソ、レジェ等近代絵画の巨匠の版画を中心に集めていた。しかし、自邸が完成した96年からは、アート・アドバイサーの助言も受け、本格的に作品を購入し始めた。
 
その第一歩に選んだのはイタリアの戦後美術。今では十億円以上の値を付けることもある、キャンバスを切り裂く作品で知られるルーチョ・フォンタナ、石や木など身の回りの素材を用いた作品で知られるアルテ・ポーヴェラの作品も、当時は比較的簡単に手に入った。

その後ドイツの巨匠ジグマー・ポルケ、ゲルハルト・リヒターへと対象は拡がり、いつの間にかコレクションは800点を超すまでに成長した。その中にはアーティストの代表作ともいえる作品が数多く含まれる。


大きな展示空間にそびえるドイツのトーマス・シュッテによる<Father State>2010年。

真の名作は財力だけでは入手できない。コレクターとしての姿勢、コレクションの質に対する評価があってこそ可能になる。また、アートへの情熱、美術史について深い理解があるからこそ名作を見極められる。

「我々夫婦は各地のアートを観るのが好きなんですよ。2001年にカリフォルニアに旅行した時日本の具体派の作品に出会いました。また、全然知らない作家による、激しい筆遣いの作品に心を動かされました。それが天井から体を吊るし、足で描く白髪一雄でした。それからいろいろリサーチして、少しずつ作品を買い始めました」

そう語るラフチョスキーの眼は、コレクターとしての喜びに満ちていた。当時1000〜2000万円だった白髪一雄の作品も、4年前くらいから急激に再評価され、高い作品では4億円を越すまでになった。
 
取材の間も邸内では明後日に予定されているチャリティー・イベントの準備をする工事業者が邸内を忙しく行き交っていた。

「ホームパーティーにしてはかなりの規模ですね」と言うと、本人は傍らでパソコンに向かっているシンディー夫人を指さしながら、「チャリティー関係の指揮官は、家内なんです」とユーモラスに語った。
 
18年目を迎えるイベントのスケールは壮大だ。来場者は世界各国から約450名。邸内で展示されている若手アーティストの作品をオークションするが、売上は例年800万ドルにものぼり、ダラス市美術館とシャロン・ストーンが理事を務めるAIDS研究の財団・amfARに半額ずつ寄付される。
 
夫妻との和やかな対談を終え、トーマスの運転で個人美術館とでもいうべき「WAREHOUSE」に着いた。周囲の景色は一変して、無機質な倉庫街になった。WAREHOUSEの名のとおり、外観は周りの倉庫と変わらない。しかし、館内は本格的な展示が可能な美術館に改装されており、その一角にラチョフスキー・コレクションの収蔵スペースなどがある。世界各地から週に1回以上、作品の貸し出し要請があるという。
 
経営の点から興味深いのは、施設を低コストに抑えているだけでなく、WAREHOUSEが入居している倉庫の3分の1を美術品輸送会社に賃貸し、警備コストも削減していることだ。あくまでアートを中心に、「選択と集中」が徹底されているのだ。
 
この日は美術学校の生徒が来館していたが、研究者、学生はたびたび訪れる。

何から何まで手配してくれたトーマスに御礼を述べ、ホテルへの帰路に就いた。アートとともに生き、アートを活かすコレクターの人生に触れ、とてもすがすがしい気持ちになった。美術史に残る作品を所有するのみならず、それを介して人と出会い、社会に還元する。見識のある大富豪と、それを可能にする成熟した社会のシステムが印象的だった。


「アートとは視覚的な幸福をもたらすもの。そのためには、とてつもない億万長者である必要はありません。アートとともに暮らすことで個人的な充足を得る、これこそが最高です」ラチョフスキー氏。

ハワード・ラチョフスキー◎ダラス生まれ。テキサス大学で法学博士号を取得。ヘッジファンドマネージャーとして約30年間活躍するとともに、1970年代にRegal Securities Investment, L.P.のマネージングパートナー、Regal Capital Companyの代表を務める。80年代初頭にアートを収集し始める。

シンディ・ラチョフスキー◎2000年、ハワード・ラチョフスキーと結婚。ダラス美術館の理事と執行委員を務めるとともに、エイズ研究財団amfARの理事も務め、18年間にわたりチャリティオークションを主催。ハワードとともに、ラチョフスキー・コレクションの拡充にあたる。

石坂泰章◎AKI ISHIZAKA社長。東京藝術大学非常勤講師。総合商社勤務、近現代美術画廊経営を経て、2005〜14年サザビーズジャパン代表取締役社長。数々の大型取引を手掛ける。著書に『巨大アートビジネスの裏側』(文春新書、2016年)、『サザビーズ』(講談社、2009年)。