多くの見せ場をつくったFW阿部浩之

写真拡大

[3.10 J1第3節 川崎F2-1柏 等々力]

 最前線からの献身的なプレスは出色だった。川崎フロンターレ新加入のFW阿部浩之が持ち味を発揮し、今季ホーム初勝利に貢献した。

「前半はいいプレスをかけることができた。マイボールになったら(相手は)取られへんし、相手ゴールになったらプレスをかけた」。ボールホルダーの一瞬の隙を見逃さない。前半アディショナルタイム1分、DF中山雄太からエリア内でボールを奪取すると、「自分で打とうとしたけど確実なほうを選んだ」とフリーのMF中村憲剛にラストパスを送り、移籍後初アシストを記録した。

 本職はサイドハーフ。関西学院大時代はフォワードでプレーしていたが、この日はプロ入り後初となる最前線の位置で先発出場。「相手が捕まえづらいポジショニングをとった。前半は特に流動的にいい動きができていた」。4-2-3-1の1トップに入り、前線の選手とのバランスをとって前線を動き、豊富な運動量でチャンスを創出。チーム最多となる3本のシュートを放ち、サポーターを沸かせた。

 得意のミドルシュートで柏ゴールを強襲する場面もあった。後半10分、カウンターのチャンスと見ると、阿部が左へ、FW小林悠が右へ猛然と駆け上がる。ドリブルで中央を運んだ中村からパスを受けてPA内に切れ込むと、左足で強烈なミドルシュート。GK中村航輔の好セーブに阻まれ、こぼれ球を今度は右足ボレーで叩いたが、惜しくも移籍後初ゴールとはならず。「決めたかったけど力んじゃいました」と照れ笑いを浮かべた。

 今季、G大阪から完全移籍で加入。フロンターレらしいパスサッカーへの適応、連携向上が課題だったが、試合ごとに周囲と息のあったプレーを披露している。この日は多くの見せ場をつくり、「チームの狙っていることが徐々にできてきた。感覚が合ってきた」とかみあってきた実感もある。試合を重ねてチームにフィットするほどに、攻守に欠かせない選手になるはずだ。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第3節1日目 スコア速報