Apple IDを守る手段はパスワードだけではありません。Appleは「2ファクタ認証」と「2ステップ確認」を用意しています。

両者にはどんな違いがあり、どちらを設定すべきなのでしょうか。

「パスワードだけ」では万が一に対応できない

パスワードを知っていれば誰でもApple IDにサインインできるので、もしパスワードが盗まれる・流出する・推測されるとApple IDは無防備になります。

しかし2ファクタ認証や2ステップ確認を設定していれば、ユーザーによる認証、iPhoneにその都度送られてくる確認コードの入力も必要です。

もしパスワードが外部に漏れてしまっても、これらの認証・確認を突破することは難しく、Apple IDを守れる可能性が高まります。

Apple IDの2ファクタ認証とは?

『iOS 9』以降をインストールし、iCloudと連携しているiPhoneで使えます。

新しいデバイスでApple IDにサインインする際、登録済みデバイスに通知が来ます。許可すると確認コードが表示され、新しいデバイスでこれを入力する必要があります。


Apple IDの2ステップ確認とは?

Apple IDの情報を変更するとき、iCloudにサインインするとき、新しいデバイスからApp Storeなどで購入するときに、登録済みデバイスにSMSや『iPhoneを探す』で送られてくる4桁の確認コードを入力します。

登録済みデバイスが壊れたときに備え、復旧コードを保管する必要があります。

2ステップ確認はすぐに設定できません。不正に設定されないよう、ユーザーに通知・確認してもらうための待機期間が設定されています。

2ファクタ認証と2ステップ確認、どちらを設定すべき?

Appleは2ステップ確認を古いセキュリティ機能と説明しています。

お使いのデバイスが以下の条件を満たすのであれば、簡単に設定できる2ファクタ認証がオススメです。


設定方法はこちらのページでご紹介しています。
Apple IDを守るために必ず設定したい「2ファクタ認証」

もし2ファクタ認証を利用できないのであれば、2ステップ確認を設定しましょう。古いセキュリティ機能ではありますが、Apple IDの守りを強化できます。

Apple ID の 2 ステップ確認 - Apple サポート

参考

Apple ID の 2 ファクタ認証 - Apple サポートApple ID の 2 ステップ確認 - Apple サポート