メルセデスベンツのコンパクトサルーン「Cクラス セダン」改良型の新パーツを装備したプロトタイプを、凍てつくスカンジナビアでカメラが初めて捉えました。

1

これまで捉えてきたプロトタイプは、ヘッドライトやテールライトに旧型のパーツをはめ込んでいましたが、今回は初めて改良型のパーツが装備しています。

ヘッドライトは、デイタイムランニングライトに、より存在感を持たせるためウィンカーを外側に寄せたデザインとなっていることが確認できます。

テールライトのグラフィックは、セパレートタイプから1本のコの字タイプに変更されています。

パワートレインは2リットル直列4気筒や、新開発の直列6気筒エンジンがラインナップされると思われます。

ワールドプレミアは2017年秋と予想されています。

(APOLLO)

新アイテム装着完了!これがメルセデスCクラス改良型のヘッドライト&テールライトだ!(http://clicccar.com/2017/03/11/453009/)