リーグトップの4得点。まだ序盤戦とはいえ、浦和からは久々のトップスコアラー。写真:徳原隆元

写真拡大

[J1リーグ3節] 浦和レッズ 4-1 ヴァンフォーレ甲府
2017年3月10日/埼玉スタジアム
 
 今季新潟から加入したFWラファエル・シルバがリーグトップとなる4ゴール目を、技ありのループシュートで決めた。試合も浦和が甲府に4-1と大勝を収め、順位を2位に上げた。
 
 前半から5バックでゴール前を固める甲府に苦戦し、R・シルバも決定的なヘディングシュートがGK正面を突くなど決め切れない。それでも「チャンスは数多く作れていた。クオリティの高い選手たちが、僕の特長を引き出してくれている」と、後半に入ると、さらに甲府ゴールに近づき脅威を増していった。
 
 57分、関根のクロスを興梠が押し込み、浦和が先制に成功。さらに60分、R・シルバが起点となってパスをつなぎ、再び関根のアーリークロスを武藤がヘッドで合わせ2点目。ドゥドゥの会心ボレーで1点差に詰め寄られたものの、83分に李が押し込み3-1と再びリードを広げる。
 
 そして90+2分、ボールを奪った駒井のスルーパスをR・シルバが正確に足に吸い付くようにコントロール。さらにGKの動きを見極めて、技ありのループシュートをゴールネットに沈めた。
 
 これでリーグ3試合連続、早くも4ゴール。2位タイは興梠、武藤ら2得点。まだシーズン序盤戦ではあるものの、浦和では久々のトップスコアラーだ。
 
「前半は思うようにいかなかったが、『最後まで走ろう』という気持ちを持ち続けたことで、チャンスをものにできた」
 
 R・シルバはその”走り切る”というスタンスを、好調の要因に挙げた。とはいえ、この開幕からのゴールラッシュは「想定していなかったよ」と、自分自身でも驚いている様子。
 
「(これほどのゴールラッシュは)想定していなかった。でも自分が決めるんだというイメージは常に持っていた。チームメイトには感謝しているよ」
 
 チームのために--。その想いが、ゴールラッシュにつながっている。
 
「良いスタートを切れた。周囲との関係性は日ごとに良くなっている」
 
 むしろ、まだ連係面では課題も多いと言う。惜しい場面も少なくなかった。R・シルバにとっての真のゴールラッシュは、これからだ。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)