デート中の言動が原因!? 「男が告白を見送る」5つの理由

写真拡大

何度かデートを重ねて、「そろそろ告白されるかな」と思っていたのに、それっきり音沙汰なし。そんな経験はありますか?

男子がうっかり“告白”したくなる「女子らしい仕草」5選

つまるところ、「恋人にしたい」と思えなかったわけです。今回は、男性が告白を見送る理由についてまとめてみました。

趣味が理解できない

どんな趣味でも個人の自由だと思います。でも理解できない趣味に没頭していると、ちょっと引いてしまいます。

例えば、「韓流スター」や「ボーイズラブ」がそれに当たります。いくら好きでもデートの最中に熱く語ってしまうと、告白を遠ざける理由の1つになります。

できるだけ男性と共通の趣味を見つけて、楽しく会話しましょう。

愚痴が多い

愚痴はため込むよりも、発散した方がいいと思います。でもデート中に愚痴をいうのはやめましょう。

たまたま前日にイヤなことがあったからと、ついつい言ってしまうのもよくありません。初めての男性からすれば、いつも愚痴を言う女性なのかなと思ってしまうからです。

品がない

見た目の清潔感はもちろん、デート中の行動も見られています。下品だと思われてしまう行動をまとめてみました。

「食べ方が汚い」

食べるときに音を立てたり、箸の置き方が雑だったり。一緒にいて恥ずかしいと思われるかもしれません。

「靴を脱いでリラックスする」

一緒に映画を観るとき、リラックスするために靴を脱ぎたくなると思います。特にブーツのような靴だと長時間履くのはつらいですよね。

でもデート中の女性にそういうことをされると、少しがっかりしてしまいます。

「持ち物が汚れている」

ずっと使っている物だと、ちょっと汚れていても当人は気にしないものです。でもデート中に男性がそれを見つけると、ちょっと引いてしまうでしょう。

例えば、画面の割れたスマホを使っている人がいます。たまたま落して割ってしまったけど、ちゃんと動くからそのまま使ったりすることはありますよね。

でも男性はその事情を知りません。「物を雑に扱う女性なのかな」と怪しんでしまいます。

そうはいってもデート前日に割ってしまったら、急に修理には出せません。そういう時は「スマホを落して割れてしまって困っているんです」と一言先に行っておきましょう。

すると男性は一緒に修理できるお店を探してくれるかもしれません。

1番いけないのは「汚れた物を平気で使っている様子」を見られてしまうことです。どうしても使わないといけない汚れた物があるなら、先に一言いっておきましょう。

家事ができない

家事のできない女性は敬遠されます。男性も家事をするにしても、女性ができないと困りものです。

掃除ができない、料理ができない、洗濯ができない、となれば、「家事は俺がやるの?」と思ってしまいます。

正直なのは良いことですが、わざわざデート中に家事が苦手とアピールすることはないでしょう。

人の話を聞かない

お互いに言えることですが、相手の話はちゃんと聞きましょう。お酒も入って楽しくなると、つい自分の話ばかりしていることがあります。

二人で盛り上がってるつもりでも、気づけば自分だけだった…聞いてる男性は疲れちゃいますよね。自己中と思われてしまうので気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

理解しがたい趣味を熱く語ったり、リラックスして靴を脱いだりするのは、一緒にいて気持ちのいいものではありません。

男性も女性も気を使いあって、お互いに気持ちのいいデートをすることが大事です。そうすれば自然な流れで告白も生まれると思います。

(ライター:前田ヒロキ)