TOKIO

写真拡大

 フジテレビ系列にて3月15日、『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が放送された。同番組は、TOKIOメンバーとゲストが駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティー番組。ゲストには、NEWSの手越祐也が出演し、軽快なトークを繰り広げた。

(参考:NEWS 手越祐也、“ザ・アイドル”で勝負する理由を名言から紐解く

 番組の冒頭では、手越がNEWS結成当初のエピソードを明かした。メンバーの小山慶一郎の入所時期を聞かれた手越は「知らないっすね」とあっさり答え、TOKIOメンバーから笑いが起こった。増田貴久が、KAT-TUNのメンバーと同時期に入所していることが発覚し、国分太一が「KAT-TUNでもおかしくなかったんですね。まぁ、おかしいか(笑)」と発言。すると手越が「でも小山はKAT-TUNのKだったらしいですよ」と明かし、メンバーは驚いていた。

 同期メンバーを聞かれた手越は、 Hey! Say! JUMPの八乙女光とKis-My-Ft2の玉森裕太の名前を挙げる。国分は「今も仲良かったりするの?」と質問すると、手越は「いや、連絡先も知らないっすね」と答え、再び笑いが起こった。番組では、手越が10代の時に大号泣した失恋エピソードを語り、その意外な一面に松岡昌宏は「失恋経験してるのはいいね」とコメント。しかし、国分が「その恋愛というのはどのくらい引きずったの」と質問すると、手越は「1日っす」と笑顔で答え、再び笑いが起こった。

 番組の後半には、手越からTOKIOへ「何周か回って好きな女の子のタイプは」という質問が出題された。手越はまず「長瀬くんどうですか? ワイルド長瀬くんに見合う女子ってどんな人なんだろうって」と質問し、国分も「すげー聞きたい、長瀬のタイプ」と興味津々に。長瀬は「軽のワゴンに乗ってる子。ちょっと郊外に住んでて、ヤンキーって言った方が早いかも」と回答し、スタジオに笑いが起こった。長瀬は「結局そういう子は真面目なんです。ズルができない」と説明した。また、手越は松岡に「こういう女性に注意しろっていう女性」と質問。松岡は「自分を売り込んでくる子。俺と付き合いたいんじゃなくて、芸能人の俺が欲しいだけ」と冷静な回答を明かした。

 また、国分は手越に「俺らにダメ出しして」とリクエストし、手越から見たTOKIOは「女子モテをそんなに気にしていない」と指摘。手越は「ボーカル長瀬くんには甘い言葉を言って欲しい」とアドバイスをする。手越が「ワイルドだからこそ甘い言葉を言ったり」と提案すると、長瀬は「俺いつもオラオラだけど、たまには甘えさせて」と発し、手越が「いいですよ! いいですって! 女性ホルモン増えてます」と反応してスタジオに笑いが起こった。

 次回はゲストに小栗旬、高橋大輔を迎えて放送する予定だ。

(向原康太)