2017年3月10日、韓国の憲法裁判所は、朴槿恵(パク・クネ=1952年生)大統領に対する弾劾訴追案審理で全会一致で罷免する決定を出した。大統領はこの瞬間、失職した。

 父親である朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領が部下の銃弾に倒れてから38年。娘である朴槿恵氏も任期途中で青瓦台(大統領府)を去ることになった。

 「ワォ!司法には正義があった!」

 この日午前11時20分過ぎ。憲法裁判所で「罷免」決定が出ると、ソウル市内の韓国の大企業では、テレビを見ていた若い社員から歓声が上がった。

通常と変わらず静かな明洞

 それから1時間半ほど過ぎた午後零時半過ぎ。ソウルの中心部にある繁華街、明洞(ミョンドン)は普段とまったく変わらない様子だった。

 暖かい春の日差しの中、周辺の会社に勤務する人たちが昼食を済ませて帰る姿はまったくいつもと変わらない。特に「罷免」に反対や賛成を声高に話す姿も見られなかった。

 もちろん一部、朴槿恵氏の支持者は強く反発している。憲法裁判所周辺では、「罷免」を認めないデモ隊が激しい抗議活動を続けて、死者はけが人も出ている。だが、罷免を予想する声が圧倒的だったためか、すくなくとも直後のソウル中心部は平穏だった。

 この日の韓国株式相場は、不安感が広がる中で取り引きが進んだが、結局、小幅に反発した。韓国総合株価指数(KOSPI)の終値は前日比6.29ポイント(0.30%)高の2097.35と、約1週間ぶりの高値だった。

父親に次いで青瓦台を途中退出

 1979年11月21日、朴槿恵氏は、長年住み慣れた青瓦台を去った。多くの見送りを受けて車に乗り込む姿は、「歴史的写真」として有名だ。

 この約1ヶ月前の10月26日、父親である朴正熙氏は、部下のKCIA(韓国中央情報部)部長の銃弾に倒れて、在任中に死去した。それから38年、朴槿恵氏は、韓国の歴史上初めて弾劾、罷免された大統領になってしまった。

 準備が出来次第、青瓦台を離れることになる。

 筆者は、朴槿恵氏には何度か会ったことがある。

 10年ほど前。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で野党だったハンナラ党の代表だった朴槿恵氏と、夕食を一緒したことがある。韓国紙の記者数人と一緒だった。

 何を聞かれても嫌な顔ひとつせず、すらすら答える。外交安保、経済、社会・・・幅広い事項にも、饒舌に自分の考えを熱く語る。

 特に、当時の盧武鉉政権に話題が及ぶと、激しい口調で批判をまくし立てた。

 1997年に政界入りして以来、政策の準備はかなり重ねているという印象だった。また、きわめて「強い性格」であることもよく分かった。

 「だが・・・」

 どうもストンと落ちてこない。何か、話がうまくかみ合わないのだ。「何だろうか」。話している途中で気がついた。

どうして政治家になったのか…

 「どうして政治家になったのだろうか・・・」

 話を聞けば聞くほど、こういう疑問が沸いてきた。

 細かい政策については、よくしゃべるのだが、「どんな指導者になりたいのか」「韓国がどんな方向に向かえば良いのか」という話題になると、「あれ?」と思わせる内容になるのだ。

 「今の韓国は、秩序がなくなった」
 「今の韓国は、国がひとつにまとまることがなくなった」
 「大きな目標に向かって、国民の力を結集したい」

 これはなんだろう? 何を言いたいのだろうか。

 ますます熱を帯びる話を聞きながら、「はっ!」と気付いた。「ひょっとして、理想の国は、父親の時代の韓国ではないのか?」と。

ドラマよりドラマチックな人生

 朴槿恵氏の人生は、どんなドラマよりもドラマチックだ。10歳になる前に父親がクーデターで政権を握った。

 幼い頃はずっと青瓦台で過ごした。「偉大な」国家指導者と今も多くの尊敬を集める母親の寵愛を受けて育った。

 父親は、泣く子も黙る独裁指導者だった。強力なリーダーシップを発揮し、驚異的な経済成長を成し遂げた。一方で、反共を掲げ、民主化運動も弾圧した。

 典型的な開発独裁型リーダーだった。

 そんな「強い父親」を離れて大学卒業後にフランスに留学した朴槿恵氏だったが、すぐに悲報に接する。1974年8月15日の独立記念日(光復節)の式典で母親・陸英修(ユク・ヨンス)氏が銃弾に倒れる。犯人である在日韓国人は大阪の交番で盗んだ拳銃で犯行に及んだ。

 留学生活を断念した朴槿恵氏は、「ファーストレディー」役割を担う。父親である大統領の統治スタイルや「人事」を間近で見た。

 母親を失った悲しみに落ち込んでいた朴槿恵氏に慰労の手紙を送って面談したのが「牧師」を自称する崔太敏(チェ・テミン)氏だった。

 崔太敏氏は、「宗教家」であり「社会運動家」でもあった。独特の話術で朴槿恵氏の心つかむ。この出会いがいまの悲劇の始まりだった。最近の一連のスキャンダルのもう1人の主役である崔順実(チェ・スンシル)氏の父親だ。

40年前の警告

 崔太敏氏に対してはさまざまな疑惑があり、朴正熙大統領(当時)の側近も再三、朴槿恵氏との「急接近ぶり」に警告を出していた。

 その1人が、朴正熙氏の故郷の後輩で旧陸士の同期でKCIA部長だった金載圭(キム・ジェギュ)氏だった。

 1979年10月26日、この金載圭氏が朴正熙氏を拳銃で殺害する。後に死刑になる金載圭氏は、控訴審で、朴正熙氏との仲が離れていった理由の1つとして「崔太敏氏と朴槿恵氏との関係を報告したが、これを大統領に受け入れてもらえなかった」と陳述している。

 この暗殺劇で、朴槿恵氏は、母親も父親も銃弾に倒れた悲劇の娘になった。

 その後、さまざまな苦労を経て、1997年に政界入りすると、「悲劇のヒロイン」は「選挙の女王」に生まれ変わった。先に触れたように、主張ははっきりしている。「強いリーダー」というイメージもがある一方で、「両親を悲劇で失った」点が年配者の気持ちをつかむ。

 だから選挙にはめっぽう強かった。自分の国会議員選挙はいつも圧勝し、危機に陥った同僚や党を何度も救った。政界でぐんぐん頭角を現したが、初めから狙いは大統領だった。その座に、政界進出から15年で大統領にまで上り詰めた。

選挙の女王が大統領に

 どうやら快進撃はここまでだった。

 大統領就任後の朴槿恵氏の演説には、「漢江(ハンガン)の奇跡(と言われた高度経済成長)をもう1度!」などといった、「あの頃」を連想させるフレーズがよく見られた。

 だが、父親のように快刀乱麻の国政運営などできるはずもなかった。「理想」だった父親の時代とはあまりに世の中が変わってしまっていた。政権を握ったのは良かったが、これといった成果を上げることはできなかったのだ。

 「朴槿恵政権では、歴史の時計が止まってしまった」

 弾劾決定の前日、韓国のテレビ番組で、司会者がこう話した。朴槿恵氏は、政権運営にあたって重要ポストに、父親時代に政権を支えた人材を重用した。

 すでに起訴されている金淇春(キム・キチュン=1939年生)前青瓦台秘書室長は、朴正熙氏の夫人で朴槿恵氏の母親が1974年8月15日の独立記念日(光復節)の式典で狙撃されて死亡した際、犯人だった在日韓国人を取り調べた検事出身だ。その後、KCIAの要職に抜擢された。その後、検察総長、法務部長官、さらに国会議員も務めた。

 ほかに、朴正熙時代の側近の子供たちも何人も閣僚や重要ポストについた。検事と軍人に偏った人事とも言われた。

 ところが、この「人事」で次々と躓いた。首相に起用した人物がスキャンダルでと就任できなかった例が続出する。首を傾げざるを得ない閣僚や青瓦台秘書官人事も多かった。

統治スタイルは「帝王的」

 統治スタイルは「帝王的」だった。

 私生活は深いベールに包まれた。セウォル沈没事故の際に明らかになったように、平日でもどこでどういう生活をしているのか、青瓦台内にいるほとんどの秘書官さえ知らなかった。

 部下からの報告は、基本的に文書で受け付ける。文書や電話、あるいはごく一部の側近秘書官だけを通して指示が下りてくる。

 「対面報告ができない」。閣僚からもこうした不満が漏れた。

 「意思疎通が良くないのではないか?」。記者会見で質問を受けると、朴槿恵氏は、ずらりと並んだ閣僚を見渡して「対面報告がそんなに必要ですか?」とひと言述べて、一蹴して見せた。

 財閥の関係も「時代錯誤的」だった。

 朴正熙時代には、大統領が財閥総帥を青瓦台に呼んで、あれこれ指示をすることが当たり前だったという。

 青瓦台でこんな様子を見ていた朴槿恵氏からすれば、だから、財閥総帥を呼んで、財団への資金拠出やスポーツ振興策への協力を求めることに違和感がなかったのかもしれない。

 時代が変わり、もう大統領が財閥総帥にあれこれ指示することはなくなっていた。李明博元大統領は、財閥総帥と単独で会うことさえ「誤解を招く」として避けてきた。にもかかわらず、主要財閥の総帥を次々と呼びつける。

 「自分はカネをもらっていない。すべて国のためだった」

 だから何が悪いのか?

 いまなお、本人は理解できないのかもしれない。

 政策でも迷走を続けた。対日政策だけでなく、対中、対米、さらに対北朝鮮政策のどれをとっても、うまくいったといえる内容はなかった。

 経済政策でも見るべき内容はなかった。

 父親の時代は、「経済成長」というはっきりとした目標があった。外交面でも冷戦時代で「反共」という国是を打ち出しやすかった。

複雑で不確実な時代のリーダーだったか?

 ゴールがはっきりしているのだから、あとは、強権でぐいぐい引っ張っていくことが1つのリーダーシップだった。「秩序があり」「1つの目標に向かって国民が走る」時代でもあった。

 そんな「理想像」があまりに鮮明に刻まれてしまった朴槿恵氏にとって、はるかに利害関係が複雑で不確実な経済問題、国際関係、外交、社内問題をこなすのは荷が重かったのか。

 父親の頃の憲法は改正され、大統領の権限をけん制するために国会の権限が大幅に強化された。「強いだけのリーダーシップ」では国政は運営できないのだ。

 それにしても痛恨事は、 40年も前に「警告」を受けていた崔太敏氏の問題だろう。

 崔太敏ファミリーとの問題は、ずっと朴槿恵氏につきまとっていた。10年前、李明博(イ・ミョンパク=1941年生)元大統領と、野党の大統領候補の座を争った時も、この問題を集中的に攻撃された。

 「韓国の歴代大統領は家族が利権にからんだスキャンダルで大きな問題を起こした。未婚の朴槿恵氏にはこういうことは起こり得ない」

潔癖が売り物だったはずが…

 長年、朴槿恵氏は「潔癖」を売り物にしてきた。そんな朴槿恵氏に対し、憲法裁判所は「崔順実の利益のために大統領の地位と権限を乱用した」と断じた。

 憲法裁判所は、

 「各種人事資料、閣議資料、公務上の秘密資料が崔順実被告に流れた」
 「崔順実は公職候補者を推薦し、このうち一部は利権追求を手助けした」
 「大統領は(崔順実の知人が経営する)KDコーポレーションが現代自動車と取り引きできるように経済首席秘書官に命じた」「大企業に合わせて744億ウォン(1円=10ウォン)を拠出させて2つの財団の設立したが、役員の任命や資金の執行など運営は大統領と崔順実が手がけた」

――憲法裁判所はこの日、これ以外にも、大企業にスポーツチームを設立させたこと、大統領がロッテグループの会長と単独で面談してスポーツ施設設立のために資金援助を求めたことなど「重大な不正行為」の具体例を次々と挙げてみせた。

 さらに「大統領は崔順実の国政介入の事実を徹底的に隠し、疑惑が持ち上がるごとに否定し、これを非難した」と述べた。

 「潔癖」どころか、利権をあさり、これを隠していたと断じたのだ。

韓国政界の怨念劇はいつまで続くのか

 韓国では歴代、大統領が悲運の人生をたどることが繰り返されてきた。

 最近では、金大中(キム・デジュン)元大統領が「大統領経験者」としてそれなりの影響力を持ったが、息子たちのスキャンダルは避けられなかった。

 李明博元大統領も実兄などがスキャンダルで逮捕されたが、「大統領経験者」として海外でそれなりの活躍している。

 だが、それ以外の大統領経験者は、殺害、自殺、懲役刑…など悲劇の結末をたどった。

 朴槿恵氏は、罷免になったことで、検察の捜査を受けることは間違いない。「民間人」になったことで、民事、刑事上の責任を問われることになる。

 次期大統領選挙は5月9日投開票が有力だ。

 今の情勢だと最有力候補は、野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)氏だ。

 文在寅氏は前回の大統領選挙で朴槿恵氏に敗れた。

 だが、2人の因縁はそれだけではない。2004年3月、盧武鉉大統領(当時)に対する弾劾訴追案が国会を通過して、憲法裁判所での審理が始まった。

 国会で訴追案が通過した瞬間、笑顔で歓迎した朴槿恵氏(当時、野党議員)の写真が残っている。

 一方の文在寅氏は、弁護士であり長年の親友として盧武鉉氏の代理人を務めて「棄却」を勝ち取った。

 あれから13年。3月10日は、朴槿恵弾劾を攻め立てた文在寅氏が、念願の大統領の座にまた一歩近づいた日でもある。

筆者:玉置 直司