清水富美加主演作の情報一斉解禁、無事公開へ

写真拡大

宗教団体の幸福の科学に出家した女優・清水富美加(22歳)と、松井玲奈(25歳)がダブル主演を務めた映画「笑う招き猫」(飯塚健監督)。突然の出家騒動により一時は公開が危ぶまれていたが、無事に公開が決まり、このたびポスタービジュアルと追加の豪華キャスト、また、予告編(https://www.youtube.com/watch?v=PXzoRYuG0hM)が解禁となった。

解禁となったポスタービジュアルでは、主人公のヒトミ(清水)とアカコ(松井)が、青空のもと、お互いに笑顔でたたずんでいる姿が描かれている。漫才の練習中の二人の間にはマイクに見立てた木の枝がおかれ、これから始まる二人の漫才への期待感がより高まるビジュアルだ。

また、追加の豪華キャストも解禁。アカコの幼馴染みとして落合モトキや荒井敦史ら若手注目俳優が出演するほか、アカコとヒトミの大学時代の先輩和田、また友人土井として、浜野謙太と前野朋哉ら個性派俳優も集結している。

さらにアカコとヒトミが所属するお笑い事務所のマネージャー永吉役には、お笑いトリオ・東京03の角田晃広。アカコとヒトミの事務所の社長岩倉役に岩松了、ヒトミをいつも優しく見守る父親と母親役で菅原大吉と戸田恵子といったベテラン陣が脇を固める。

予告編では、アカコとヒトミのリアルなケンカ風景が収められており、衝突を繰り返しながらも周囲の人たちとの関わりの中で成長していく二人の姿が、Mrs.GREEN APPLEの主題歌と共に爽やかに描かれている。あわせて公開となったドラマ版の予告では、映画版とは一味違う、2人が様々な事にチャレンジする様が面白おかしく描かれており、映画と合わせてこちらも要チェックだ。

映画「笑う招き猫」は4月29日、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。ドラマ版は、MBSが3月19日深夜から、TBSが3月21日深夜から、Amazonプライム・ビデオ配信が3月22日から。