2日目は73でフィニッシュした石川遼(撮影:GettyImages)

写真拡大

<バルスパー選手権 2日目◇10日◇インニスブルック・リゾート(7,340ヤード・パー71)>
米国男子ツアー「バルスパー選手権」の2日目。この日は順延となっていた第1ラウンドの未消化分と第2ラウンドを行い、2アンダー24位タイからスタートした石川遼は3バーディ・5ボギーの“73”でスコアを2つ落とし、トータルイーブンパーでホールアウトした。
【関連】石川遼、初日インタビュー「何でこのスコアが出たのか」
石川は2番(パー4)でセカンドをバンカーに入れてボギーが先行。さらに、グリーン右手前に外した6番(パー4)、8番(パー3)もボギーとし後退した。9番では約128ヤードのセカンドを2メートルにつけてバーディを奪い、後半は14番のパー5でバーディを奪うも、16番でボギーを叩いてホールアウトした。
ホールアウト時点で59位タイとカットラインギリギリ。予選通過は後続組の結果に左右されそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

リーダーボードで順位を速報中!
かわいい女子プロ大集合!ツアー写真集を毎日更新中!
タイガー・ウッズが「アーノルド・パーマー招待」の欠場を発表
石川遼、「少ないチャンスをものに」し暫定24位 林の中からスーパーショットも
石川遼がロフト64度のウェッジをバッグに入れた理由とは?