鹿島DF伊東幸敏、決勝弾演出の絶妙クロス「もっと繰り返せるように」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、鹿島アントラーズは横浜F・マリノスに1−0で勝利。今季のリーグ戦で、ホームゲーム初勝利を収めた。

 83分にFW鈴木優磨が挙げた決勝ゴールは、DF伊東幸敏のクロスによってもたらされた。絶妙なクロスでアシストを決めた伊東は、試合後に以下のようにコメントしている。クラブの公式HPが伝えた。

 伊東は「アシストの場面は満足のいくクロスだったけど、この1本は良かったとはいえ、こういうクロスを何本も上げられる選手にならないといけない」と、ゴールを演出したクロスには手応えを感じつつも、さらなる向上を誓っていた。

 スコアレスで終盤までもつれた一戦、右サイドバックとしてオーバーラップを繰り返した伊東。DF西大伍とのポジション争いが激化する中でアシストという結果を残し、「もっと繰り返していけるようにしたい」と、次戦以降を見据えていた。

 開幕3試合を終えて2勝1敗とした鹿島は、14日にAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節でブリスベン・ロアーと対戦。18日にはJ1第4節で清水エスパルスとのアウェイゲームに臨む。