世界ランク5位の錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

BNPパリバ・オープンへ「すごく調子はいい」

 世界ランク5位の錦織圭(日清食品)は米インディアンウェルズで行われるBNPパリバ・オープンに第4シードとして参戦する。2月のリオデジャネイロ・オープンで初戦敗退を喫した27歳は全豪オープン4回戦で逆転負けを喫した同10位のロジャー・フェデラー(スイス)ら「ビッグ4」を倒すために必要な3つの課題について語っている。ATP公式サイトが伝えている。

 錦織は記事の中で「すごく調子はいいです。リオの後に時間がたくさんあったので、すごく厳しい練習をしていました。このサーフェスに適応するための時間もありました」とコメント。2月のアルゼンチン・オープンの決勝戦では格下のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)に不覚を取り、今季初タイトルを逃した。続くリオ・オープンでは初戦でトマス・ベルッシ(ブラジル)にストレート負け。早々と姿を消した錦織はハードコートでの修練を積んできたという。

 錦織は記事の中で、世界ランク1位のアンディ・マレー(英国)、2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、6位のラファエル・ナダル(スペイン)、フェデラーという「ビッグ4」と呼ばれるライバルとの距離を縮めるための課題を痛感したと語っている。

サーブ、ストローク、メンタル面…「様々なことに取り組んでいる」

「彼らには多くの経験がある。試合の中で自分たちのレベルをいかに上げるかを心得ている。自分たちは厳しい瞬間に立ち向かわなければいけない」

 また、「僕は様々なことに取り組んでいる。テニスに関してはサーブとストロークには修正の余地があります。メンタル面でいえば、こういう大きな大会で優勝する強さがなければいけない」とも語っており、技術面や精神面で成長する必要性を掲げている。

「ここ最近の2つの大会はそれぞれ1週間半の間で行われる。でも、毎日タフな相手と戦わなければいけない。メンタル的にもフィジカル的にもタフでなければいけない。マスターズを優勝するにはジョコビッチやアンディや他のトップ10の選手を倒さなければいけない」

 記事の中でそう意気込みを示している27歳。頂点に上り詰めるには心身両面のタフさが必要となる。錦織は今季、悲願のビッグタイトルをつかめるか。