采配的中の鹿島・石井監督「いい形で得点が取れたことは良かった」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、鹿島アントラーズと横浜F・マリノスが対戦した。

 スコアレスのまま迎えた83分、伊東幸敏のクロスに途中出場の鈴木優磨がヘディングで合わせ、ホームの鹿島がリーグ戦2連勝を飾った。

 試合後、鹿島を率いる石井正忠監督がインタビューに応じている。

「開幕戦はホームで負けてしまったので、今日はホームでの勝利を狙っていました」と明かし、「勝ち点3を取れて、そしてリーグ戦連勝ができて良かったなと思います」と安堵の表情を覗かせた。

「前半からチャンスは多く作ったと思いますけど、ゴールに結び付けられるかというところがポイントで、そこが後半にいい形で得点が取れたことは良かったと思いますね。守備の面はある程度落ち着いて対応できていたので、その辺は心配していなかったんですけど。1点が取れて良かったと思います」と試合を総括した。