未勝利続く甲府、吉田監督「僕を含めて未熟だなと…」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、浦和レッズとヴァンフォーレ甲府が対戦した。

 前半をスコアレスで折り返した甲府だったが、後半に入り4失点。途中出場のドゥドゥが1点を挙げたものの、1−4と大敗した。

 試合後、甲府を率いる吉田達磨監督は、以下のようにコメントしている。

「前半の途中からやっとスピードや雰囲気に慣れて、後半の開始から選手たちは前半よりも勇気とアクセルを踏み入れてくれました。非常に手応えのある試合をしてくれたと思いますけど、失点シーンに関していえば自分たちの時間から一転して、ちょっとオープンになったところを突かれて失点を重ねてしまったところが、僕を含めて未熟だなと……。そこの一瞬で仕留めてくる浦和レッズはチャンピオンチームだなと思います」

 甲府は次節、ホームで大宮アルディージャと対戦する。