中国で日本旅行がブームになっていると言っても過言ではないほど、毎月多くの中国人が日本を訪れている。春節(旧正月)や夏休み、国慶節(建国記念日)といった長期連休の時期になると、訪日中国人の数は一気に増加するのが通例となっている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国で日本旅行がブームになっていると言っても過言ではないほど、毎月多くの中国人が日本を訪れている。春節(旧正月)や夏休み、国慶節(建国記念日)といった長期連休の時期になると、訪日中国人の数は一気に増加するのが通例となっている。

 近年は訪日する中国人旅行客が増えるにつれ、マナー違反やトラブルが増えているのも事実だが、中国国内では中国人に対して「国外旅行の際にはマナーに気をつけるよう」、呼びかける報道も増えている。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れるうえで「絶対にすべきではないこと」について紹介する記事を掲載し、日本旅行中に「白い目」で見られないようにするためのマナーを紹介している。

 まず記事が挙げたのは、「日本で買い物をする際は値切ってはならないこと」だ。日本と異なり、中国では同じ商品でも店舗によって値段が異なることが多く、消費者は店側と値段交渉をして買い物をすることに慣れている。

 だが、日本では一般的に買い物をする際に値段交渉を行わないと伝え、「日本は故意に高い価格をふっかけてくるようなことはないため、値切る必要もない」と指摘。むしろ、日本で「値切る」ことは、「その商品に価値がないと見なしている」と受け取られる可能性があると伝え、日本では値段交渉はしない方が良いと伝えた。

 さらに、日本ですべきではないことの2点目として、「人を撮影すること」を挙げ、日本では知らない人を勝手に写真に収めてはならないと指摘。公共の場所でシャッターを切るだけでも、多くの視線を集めることになると指摘し、プライバシーを重視する日本人は勝手に撮影されることを嫌うと伝えた。

 また記事は、3点目として「歩きタバコ」を挙げ、日本では喫煙は決められた場所でのみ可能となっていることを紹介。喫煙可能な場所以外でタバコを吸えば、罰金を課される可能性があることを指摘し、「喫煙者は要注意」であると指摘した。

 日本と中国のマナーの違いは数多く存在するが、旅行中に日本人から白い目で見られないよう、不適切な行為で中国人の評価が低下しないよう、「日本を訪れる中国人は、くれぐれも中国国内の習慣を日本に持ち込まないよう要注意」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)