中国の動画サイトにこのほど、「なぜ中国のスーパーではガムと並んでコンドームがレジ前に置かれているのか」と題する動画が掲載され、ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

写真拡大

中国に滞在した経験がある人は、スーパーを訪れた際に驚くことがいくつかある。かばんの持ち込みが禁止されていること、砂糖が入っているお茶が売られていること、そしてコンドームがレジ前に並んでいることもその一つだ。

中国の動画サイト・陽光寛頻網にこのほど、「なぜ中国のスーパーではガムと並んでコンドームがレジ前に置かれているのか」と題する動画が掲載され、ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

動画ではその理由について、「中国人の性格は比較的内向的で、考え方は保守的。コンドームを手に取ってレジまで歩かないといけないことを想像してほしい。店はまさに客のこうした心理を利用しているのである。すぐに手の届くところに置き、代金を支払えばすぐにその場を去ることができる。便利な上に気まずくもない。スーパー側が気を利かせてレジ前に置いているのである」と説明している。なるほど、確かに一理ありそうだ。

しかし、ネットユーザーからは「俺は逆にレジ前に人が多すぎるから恥ずかしくて買えない」「そんなに店を持ち上げるなよ。箱が小さくてポケットに入れられたらそのまま盗まれるから、防犯対策でレジ前に置いてるだけだよ」といった意見が寄せられた。

また、「小さい時にガムと間違えて買ったことがある。後で考えると、店員が変な目で見ていたなと」「これホントやめてほしい。18歳の時にレジ前でガムを買おうと思って適当に取ってかごに入れたら、レジのおばさんに『3箱買うの?』と聞かれ、後ろの男の人には『君に買わせるなんて彼氏もあんまりだな』と言われた。何のことかわからなかったけど、帰ってから間違えてコンドームを買っていたことに気付いた」など、ガムと間違えて購入してしまったという人も少なくないようだ。

さらには、「このご時世、コンドームなんてみんなネットで購入だよ。誰がスーパーで買うんだ」といった意見もみられた。日本でも気まずい商品はネットで購入という人が少なくないのではないだろうか。ネット通販が急速に拡大している中国だが、ネットショップでは「穴あき」や人体に有害な薬品が使用された偽物が出回っているとも伝えられており、注意が必要だ。(編集/北田)