9日、台湾の女優リン・チーリンが急に痩せたのは、母親の病気による心労が原因ではないかと報じられている。

写真拡大

2017年3月9日、台湾の女優リン・チーリン(林志玲)が急に痩せたのは、母親の病気による心労が原因ではないかと報じられている。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

9日、上海でイベントに出席したリン・チーリンだが、急に痩せたと話題に。モデル出身でもともとスリムだが、この日は大きく開いた胸元やミニスカートからのぞく脚から明らかに肉が落ちているのが目立った。「竹ざおのような脚」とも報じられている。

リン・チーリンについてはこのほど、母親の重病説がニュースになったばかり。頻繁に通院する様子が写真週刊誌にキャッチされており、一部ではアルツハイマー病ではないかとのうわさも。リン・チーリンおよびそのスタッフは、プライベートなことに関しては一切コメントを控えている。

なおリン・チーリンは今年初め、仕事量を減らして家族との時間を優先したいと語っていた。(翻訳・編集/Mathilda)