2016年以降、有料ネットワーク関連製品を利用する中国のネットユーザが増加の一途をたどっている。

写真拡大

2016年以降、有料ネットワーク関連製品を利用する中国のネットユーザが増加の一途をたどっている。網易クラウドミュージックや優酷土豆など動画サイトの有料音楽・ドラマ視聴サービスから、「分答」や「知乎Live」が提供する有料購読コンテンツにいたるまで、中国のネットユーザーは日常生活で有料ネットワークサービスを利用することに適応しつつある。

例えば、動画関連では、百度傘下の大手動画配信サイト「愛奇芸」の統計データによると、サービスに対して料金を支払うアクティブVIP会員数は、増加の一途をたどっており、2015年6月に500万人を、同年12月には1000万人を、さらに2016年6月には2000万人を、それぞれ突破した。また、芸恩公司のデータによると、2016年12月の時点で、国内動画サイトの有料会員総数は、2015年比241%増の7500万人に達し、米国の9倍に上った。

有料サービスがブームになっているについて、業界関係者は「ネットユーザーの消費習慣や客観的な環境の変化など、消費者・コンテンツ提供者・プラットフォームの三方がともに変わることによる結果である」と分析した。

消費者サイドから見ると、有料ネットワークサービスを利用したいという気持ちは、人々の消費観念のアップグレード・変化から生じているもので、より多くの人が、より良いコンテンツや自分が求めるコンテンツに対して料金を支払いたいと思うようになった。コンテンツ提供者サイドは、クオリティーの高い製品を数多く送り出すことで、コンテンツ有料化にとっての素晴らしい基盤を提供した。さらに大きな環境から見ると、ネットワークサービス有料化の風潮が起こったのは、中国において著作権保護をめぐる環境が優良化している事実と切り離して考えられない。国家版権局は2015年7月に通達を発表し、音楽配信プロバイダに対して著作権未取得の違法音楽作品の配信を停止するよう指示したことから、オンライン音楽プラットフォームは、違法コンテンツの削除・整備を段階的に進め、デジタル音楽の有料ダウンロード視聴を推し進めてきた。このような情勢は、オンライン音楽有料視聴市場の急成長を後押しする重要な原因となった。

このほか、オンライン決済、特にモバイル決済の急成長も主要因の一つとなっている。中国インターネット情報センターの統計データによると、2016年、中国のモバイル決済利用者はすでに4億6900万人、年成長率は31.2%に達した。

専門家は「2016年12月の時点で、中国のインターネット利用者数は7億3100万人に達したが、有料ユーザー数の増加はまだ初期段階にある」と指摘する。コンテンツの質の上昇にともない、プラットフォーム側は各種ユーザー群の細分化・深化を進めると同時に、課金パターンを刷新し続けており、インターネット決済市場はユーザー規模の爆発的な増加が見込まれる。業界関係者は、「インターネットサービスの無料利用は、全体的に見るとまだまだ主流ではあるが、質の高いコンテンツに対して料金を支払うというユーザの意欲が高まり続けていることは、コンテンツ業界全体にとっての『突破口』になる」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)