コトリンゴ

写真拡大

RADWIMPSヴォーカルの野田洋次郎がテレビドラマに初出演で初主演する『100万円の女たち』。この作品の主題歌をコトリンゴが書き下ろすことが決定した。RADWIMPSは『君の名は。』、コトリンゴは『この世界の片隅に』でそれぞれ音楽を担当。今なお日本を席巻中の2大アニメ映画の音楽を担当した両者が奇跡のコラボを繰り広げることになる!

[動画]コトリンゴの演奏に、のん感動/『この世界の片隅に』プレミア試写会

本ドラマは、Netflixとテレビ東京が4月からタッグを組み、Netflixオリジナル・ドラマシリーズとして、木曜深夜に新設したドラマ枠「木ドラ25」の第1弾。青野春秋原作の同名人気コミックを映像化するもので、Netflixでは4月7日より独占配信スタート。テレビ東京では4月13日より毎週木曜深夜1時〜1時30分に放送される。

野田が演じるのは、半年前から5人の謎の美女たちと1つ屋根の下で暮らしている売れない小説家の道間慎。女たちは家賃兼生活費として毎月100万円もの大金を慎に支払っている。また、共同生活にはいくつかルールがあり、彼女たちに対する質問は一切禁止されている。そのため、5人の美女たちがなぜこの家に集まってきたのか、普段は何をやっているのかなどは一切謎に包まれたままだ。しかし、美女5人との奇妙な共同生活を通じ、少しずつだが彼女たちの過去や存在理由が解明されていく。同時に彼自身にも思いもよらなかった変化が起き始め、ある日、美女たちとの共同生活に幸せを感じ始めていた慎に、すべてを崩壊させる事件が起こるというストーリーだ。

本作の主題歌についてコトリンゴは「主人公である道間さんの流され漂っている感じ、割り切れない感情、それからミステリアスな状況をどう表現できるだろうと思い試行錯誤しています。どうぞ、お楽しみに!」とコメント。

そんなコトリンゴの起用について、五箇公貴(テレビ東京コンテンツビジネス部)プロデューサーは、野田が全国ツアーの合間を縫って連続ドラマの主演をつとめるため、主題歌も書き下ろしてもらうことは現実的でないと考えたそう。その上で「ふと今回のテーマは女性が歌うべきなんじゃないかという思いがどんどん強くなっていきました」と明かすと、「そう思ったら私の中で主題歌は『コトリンゴさんしかいない!』となっていました」と続ける。

また、このアイデアに野田も藤井監督も大賛成したそうで、「その後ご本人にお会いし、経緯をお話しすると、すごく面白がってくださった上、主題歌の書き下ろしも快諾してくださいました。結果的に『君の名は。』と『この世界の片隅に』という日本が誇る傑作映画に携わった、おそるべき才能と一緒にこの番組をつくるという機会を得ることになりました」と、この奇跡のコラボ実現までの経緯を話している。