テレビをつければ不倫報道ばかりの昨今。

「やっぱ芸能人って世界が違うわぁ〜」なんてスナック片手にワイドショーにツッコみを入れているあなた!

あまーい! あますぎる! 私たち一般企業の世界にもゲス不倫は潜んでいるのです。

2回目となる今回のエピソードもドロドロでゲスゲス。早速、ご紹介していきましょう。

 

■社内女性被害者の会結成編

W大卒のA男が社内の先輩S女子大卒のお嬢様B子と結婚。実はB子の父はこの会社の執行役員。B子は「筋肉に惚れたけど、顔はブサイクだから浮気の心配はないかな〜!」と油断していましたが、結婚当初からA男は立て続けに社内同期のC子、D子、E子と不倫。不倫相手が自分だけでないと知った3人は被害者の会を結成。B子&役員であるB子父は激怒。A男とB子は離婚し、A男は現在、子会社に出向中……。

発覚の経緯は同期のスノボ旅行。お酒も入り、ぶっちゃけトークが始まり「実は……」とC子がA男との関係を告白しました。D子、E子も「寝耳に水!」と衝撃を受け、続いて告白。

「許せない!」と怒りに燃えた3人は被害者の会を結成し、今までのことを手紙に書き、社内便で奥さんであるB子に送付。B子からB子父に報告。関係者全員が知ることとなりました。

役員の娘をもらい、一番の出世頭だったA男は即、子会社出向。それから2年経った今も平社員として頑張っているそうな。30歳になった今も同期でただ1人の役職ナシ社員……。ご苦労様です。

 

■3人と社内不倫…ダメゼッタイ!

社内不倫、しかも3人……これはダメでしょ。“三人寄れば文殊の知恵”。1人なら奥さんに社内便、とはならなかったかもしれません。

万が一、社内便を送られても奥さんもその人よりもA男を信じてくれた可能性も。そうすれば離婚も出向も免れたかもしれないのに……。

それはそうと、この不倫の最大のネックは奥さんが役員の娘さんということでしょう。

娘を傷つけたら、ゼッタイにお父様が黙ってないでしょう!

「男は女を引っ張っていくものだ!」という考え方だったA男。役員の娘を落として、さぞご満悦だったようですが、同時に大きな顔をしていつも上から目線のB子にいつもペコペコして不満が溜まっていたようです。ブサイクだからモテない!とバカにされていたので、その反発心から不倫に走ってしまったのかも……?

そう思うと少しかわいそうな気もしますが、偉い人の娘と結婚して出世の切符を手に入れたんですから、そこはグッと我慢すべきでしょう?

だって、小さな我慢をしてさえいれば出向&万年平社員の屈辱はなかったはずですから。それどころか将来、社長にだってなれたかも……。

偉い人の娘への裏切り行為の代償は超ド級ですよ! 一生、忠誠を誓うか、近づかないか、それに限ると思います。

 

社内の中でも共通の知人が多い同僚との不倫劇は泥沼化しやすい上、広まりやすい、バレれば無傷では済みません。

不倫相手も知り合いなんてエグすぎるでしょう。許しようも救いようもありません。

間違っても一時的な感情で動くことはおすすめできません。今まで築き上げてきたものを無駄にしないで!

【画像】

※ oneinchpunch/shutterstock

【関連記事】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【同僚カップルW不倫編】

※ 大好きな彼が、実は既婚者…「知らず不倫」を防ぐ方法

※ 結婚してよかった!将来「いいパパになる」男の見極め方

※ 出会いがない。「結婚できない女子」が言いがちな口癖

※ ブレーキをかけて。「不倫」の終わり時を見極める方法

※ ずっと一緒にいたい。男性が彼女のことを「大事にしよう」と感じる瞬間