【鳥栖vs広島プレビュー】広島との対戦成績は芳しくないものの…DF谷口博之「苦手意識はない」

写真拡大

■サガン鳥栖 開幕後2戦未勝利だが、内容は決して悪くない

 川崎相手にアウェイで今季初の勝ち点を手にした前節。ミスから先制点を許したが、その後は安定した守備をベースに試合を進め、MF高橋義希の同点弾へとつなげた。今季初勝利こそならなかったが、マッシモ・フィッカデンティ監督は開幕戦の敗戦から立ち直った選手のメンタルやプレーを讃えた。

 今節の相手である広島は、J1リーグ戦の10戦で1勝2分7敗と相性の悪い相手。しかし、DF谷口博之は「苦手意識はない」と口にする。そう話す彼の役目は柏時代の同僚であるFW工藤壮人を抑えること。「(工藤は)シュートもうまいし、動き出しもいいので、しっかり見ておかないといけない」と話し、「無失点に抑えて勝つのが理想ですね。(チームとして)0で抑えることがすごく大事なことなんで」と続けた。一方、開幕から先発に名を連ねるFW富山貴光は「3バックのサイドはきっと空くと思うので、そこを狙って、トヨ(豊田陽平)さんを走らせたり、僕が流れて(鎌田)大地が中に入ったり色々できるので、相手の隙を突いていければ必ずチャンスはある」と、具体的に攻撃をイメージしていた。

 開幕から2戦未勝利の鳥栖だが、内容的には決して悪くない。前節負傷した小野裕二が離脱するのは痛いが、代わって入ったMF原川力がそこをカバーしている。前節手にした勝ち点1の価値を上げるため、そしてチームの方向性が間違っていないことを示すためにも、この試合で勝ち点3が必要になる。(荒木英喜)

■サンフレッチェ広島 止まらないけが人の連鎖…新星・森島司、アンデルソン・ロペスら“ジョーカー”たちに期待

 開幕をホーム連戦で迎えるメリットを甘受しながら、その2試合で勝ち点1、得点1。この数字では、チームとしてもサポーターとしても、満足などいくはずもない。確かに主力が6人も欠場している状況だったとはいえ、1勝もできないとなると風当たりも強くなる。連係にもまだまだ問題を抱え、固定したメンバーでプレーできないデメリットが「競争」というメリットを上回っているのが現状だ。

 今節は前節、体調不良で欠場した青山敏弘が復帰予定。柴晃誠もスタートから出場する見込みで、けがで出遅れていたアンデルソン・ロペスもメンバー入りしそう。ただ一方で、貴重な戦力である皆川佑介と茶島雄介が共に体調不良で今節は欠場。長期離脱中の森和幸・佐々木翔・柏好文らも含め、なかなかメンバーが揃わない。

 しかし、こういう苦しいチーム事情の中で飛び出してきた新星・森島司は元気だ。今週はU−20日本代表合宿に呼ばれ、1得点。手応えをつかんでチームに戻ると、木曜日の紅白戦では工藤壮人の得点を見事なスルーパスでアシスト。プレスをかけられても弾き飛ばす力強さは「ボールの置き所がいい」(横内昭展ヘッドコーチ)ことから生まれるスキルの賜物だろう。今節はベンチスタートの可能性が濃厚だが、途中出場であってもゲームの流れをポジティブに変えることはできる。強烈な左足キャノン砲を持つアンデルソン・ロペスと共に、ジョーカーとなってチームの勝利に貢献できるはずだ。

 今季の新しいコンセプトである「切り替わった瞬間のプレス」は順調に機能。「ボール回収率は格段に上がった」と森保一監督も手応えを感じている。あとは攻撃の機能性を高めること。それができれば、今季の初勝利も見えてくる。(紫熊倶楽部 中野和也)