【札幌vsC大阪プレビュー】札幌はJ1復帰後初のホーム戦…C大阪は清武弘嗣の登場が濃厚

写真拡大

■北海道コンサドーレ札幌 前節負傷欠場の宮澤裕樹、菊地直哉はカムバックの可能性あり

 前節はアウェイで横浜FMに0−3で完敗。堅守を武器に昨季のJ2を制したチームにとって、3失点という結果はJ1の厳しさをモロに見せつけられたと評するべきだろう。ただし、終わってみれば3失点だったものの、開幕戦同様に前半は0−0のスコアで折り返しており、ロースコアで試合を進めるというプランはある程度、遂行されたといえる。必ずしも力の差ばかりを痛感しているわけではない。そして、前節を負傷欠場した宮澤裕樹、菊地直哉という主軸2人がこの試合には間に合う可能性があり、彼らが復帰するとなれば心強い。J1復帰後最初のホームゲームということで、この日は札幌ドームにたくさんのサポーターが詰めかけることが予想される。地元ファンの熱い声援を背に、開幕2連敗を吹き飛ばすほどのアグレッシブな戦いが期待できそうである。

 ただし、気がかりなのは守備陣の顔触れをなかなか固定しきれずにいるところ。選手層としては厚いものの、3ボランチの一角や右CB、CB中央などはまだまだ人選が流動的な印象がある。新加入のキム・ミンテもボランチ、CBの両方がこなせるものの、主戦場が定まっていないことで力を出しきれていない印象もあるし、CB中央の横山知伸も本来は主にボランチを務める選手。失点につながるプレーをしてしまっており、人数を割いた守備ながらも、要所でモロさが見え隠れしてしまっているのが現状だ。

 また、この試合では相手の清武弘嗣が登場する見通し。この選手がどのポジションでプレーするのかはまだ分からないが、サイドに置かれるようであれば脅威だ。石井謙伍、田中雄大も奮闘はしているものの、守備面で後手を踏むことが多い。C大阪は丸橋祐介や松田陸らサイドバックの攻撃参加も多いため、このポジションでの選手層の薄さが致命傷にもなりかねない。(totoONE編集部)

■セレッソ大阪 帰ってきた清武弘嗣は、チームに何をもたらすのか

 前節の浦和戦では、連動性の高い攻撃の前に、始動時からトレーニングを積んできた守備組織も攻め崩され、3失点。マテイ・ヨニッチの加入後初ゴールで一矢報いるも、1−3と完敗し、J1復帰後初黒星を喫した。浦和戦を欠場したGKキム・ジンヒョンは、今週も別メニュー調整を強いられており、札幌遠征への帯同は厳しい状況だ。

 しかし、その一方で、清武弘嗣が全体練習に合流し、はつらつとしたプレーを披露。ドイツ、スペインを経て、たくましさを一層増して、今季、桜色の戦士として電撃復帰した背番号46が、いよいよJの舞台に帰ってくる。札幌ドームにて、その勇姿を見ることができそうだ。柿谷曜一朗、杉本健勇、山口蛍、丸橋祐介といった、プレースタイルをよく知る選手たちとのコンビプレーをはじめ、シュートよし、パスよし、ドリブルよしと、マルチロールに攻撃を司る日本代表MFには、当然、大きな期待がかかる。

 また、今週の紅白戦では、本職がボランチの山村和也が前線に入る布陣も試されている。浦和戦後半にも実践されたハイタワーを置く尹晶煥監督の戦術が、今回は吉と出るか凶と出るか、注目だ。

 札幌とは最近2シーズン、J2リーグ戦でも顔を合わせているが、その対戦を含めて、過去の札幌ドームでの戦績は1勝1分3敗。その1勝は2001年にまで遡る。それでも、J1復帰チーム同士の対決において、アウェイでも勝点3が是が非でも欲しいC大阪。今季初白星を北の大地で飾りたいものだ。(totoONE編集部)