安倍昭恵・首相夫人(ロイター/アフロ)

写真拡大

 安倍昭恵・首相夫人は8日、東京都内で農業と福祉に関する民間団体の会合に出席。スピーチで「世の中を騒がせているが、私で役に立てることがあればやりたい。(自身への)注目を、多くの人に(活動を)知ってもらう機会にできたらいい」「今は嵐の中にいる。嵐は自分の力ではどうにもならない」などと語った。直接の言及はなかったが、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で渦中に置かれていることを指していることは明らかだ。

 同日、榛葉賀津也・民進党参院国対委員長は会見で、「安倍昭恵夫人は、今日も昨日も、いろんなイベントに参加して、いろんなことをおしゃべりになっているようでございます。『なぜご自身がこんなに注目されるのか、わからない』と言っていますが、本当にわからなかったら、これ、大変なことですよ。やっぱりご自身もしっかり説明する責任がある」と語った。

「昭恵夫人は、天真爛漫な人ですよ」

 森友学園の問題を追っている、ジャーナリストの須田慎一郎氏は言う。

「原発問題について、脱原発みたいなことも言っていますが、きちっとした思想に基づいて、発言あるいは行動しているわけではないんです。今回の問題でも、森友学園が運営している幼稚園に行って、園児たちが教育勅語を唱和するのを聞いて感動したということでしょう。教育勅語がどういった歴史的背景で出てきたものなのか、それが戦後どういうふうに扱われてきたのかということを深く知っているかといったら、そういうことは決してないと思います。小さい子供たちが一生懸命唱和をしている姿を見て、素直に感動したというということでしょう。直感的、感覚的に物事を考えてしまう人で、思想的に右とか左とかもない人です」

 森友学園が開校しようとしていた小学校の名誉校長に就任した(現在は辞任)ことを聞いて、安倍首相は夫人に激怒したという報道もある。

「豊中市の木村真議員が、国有地が格安で売却されたいうことを聞きつけて、近畿財務局に問い合わせたら、この土地については、情報開示に応じていないと言われたことが、今回の事の発端です。国有地の売買は公開が原則ですから、何かあるということで、開校予定の小学校のホームページを見たら、昭恵夫人が名誉校長に就いている。これは展開の仕方によっては大きな疑惑になるということで、地元のメディアから火がついて広がっていったわけです。その当初から、首相官邸を直撃するような問題にならないのかということで、情報は官邸サイドに伝わっています。

 しかし調べてみたら、安倍首相が便宜を図ったということもない。それどころか、安倍首相が籠池理事長に会ったことが過去に一度もないということがわかった。もしかしたら近畿財務局と大阪府には何か問題があるかもしれないけど、官邸にかかわってくる問題じゃないと、当初から認識していたのです。疑惑がダーッと広がってきて初めて、昭恵夫人が名誉校長に就いたことを知ったわけではないですから、首相が夫人に激怒するという局面はなかったはずです」

 また、首相夫人は私人なのか公人なのか、ということが盛んに議論されている。公人だとしたら、天真爛漫な昭恵夫人の言動は、首相にとってリスクにならないのだろうか。

「昭恵夫人は1月の日米首脳会談のときに同行しました。米大統領専用機エアフォースワンに乗るわけですから、これは明らかに公人です。そこにまったくハンドリングできていないというのは、リスクと考えていいと思います。少なくとも自らの行動が原因で『首相が何か関与してるのではないか』という疑惑を招いてしまった。これだけでもリスクだということは間違いないでしょう」

●あり得ないスムーズな認可

 籠池理事長の経歴詐称や詐欺的な補助金申請までが明らかになり、小学校の開校は絶望視されているが、一時期はとんとん拍子で開校に向かっていた。安倍首相夫妻がかかわっている小学校ということで、開校が遅れないように役人が忖度を働かせたという見方もよく聞かれる。

「今回の件では、針の穴に糸を通すかのような行政手続きが行われています。忖度で、そこまでいくかなと思いますね。まるで、近畿財務局と大阪府がすり合わせをしたかのように、ことが進んでいました。役人の習性からいって、まったく違う機関同士で連絡を取り合うことはあり得ないです。事実、近畿財務局と大阪府は『連絡は取っていない』と、私の取材に答えています。連絡も取らずにこんなにうまくことが進むのか、忖度というレベルで行われるはずがない緻密な作業が行われています。

 いろんなことがタイミングを計ってハンドリングして進められています。必要な時期に異例の国有地の賃貸が決まり(その後、購入)、必要な時期に学校法人認可が下りるなんてことは、普通にやったらあり得ないですよ。トップダウンというよりはボトムアップ、末端のところをうまく立ち回った人間がいるのではないかと思います。こうした場合にときどきみられるような、暴力団関係者が動いた形跡はありません。許認可の仕組みをはじめ行政手続きのすべてを熟知していて、近畿財務局のノンキャリアに顔が利く、大阪府の関係者にも顔が利く、というような人間が動かない限り、無理なんですね。それが誰なのか、私は追っている最中です」

 天真爛漫とは真逆な人物が、この件をすべてコントロールしたのだろうか。籠池理事長の国会への参考人招致にさえ自民党が反対している現在、謎は深まるばかりだ。
(文=深笛義也/ライター)