写真提供:マイナビニュース

写真拡大

先進モビリティとソフトバンクグループのSBドライブは3月10日、「沖縄自動運転コンソーシアム」を組成し、内閣府が推進する戦略的イノベーション創造プログラムの「自動走行システム」において、2017年3月20日から沖縄県南城市で行われるバス自動運転実証実験を受託したと発表した。

今回の実証実験では、先進モビリティが市販の小型バスをベースに改造した実験車両を使用して走行ルートにおける自動運転の性能評価や、SBドライブが設計・開発した遠隔運行監視システムを使用して走行状況のデータ収集・モニタリング、運行管理などに関するシステム検証が実施される予定のほか、自動運転技術を使った公共バスの社会受容性の調査などが行われる予定だという。

実施予定エリアは沖縄県南城市の「あざまサンサンビーチ」周辺道路で、実証実験の模様については、インターネット中継が行われる予定で、詳細については、SIP自動走行システムのWebサイトに掲載される予定だという。

(小林行雄)