<被災した福島の人たちはそれぞれに新しい生活を歩み始めている。しかし震災前のかつての日常が戻って来ることはもうない>

被災地は、まもなく震災から6年を迎える。

今年の年明けから、福島には何度も足を運んだ。

震災以降、取材を続けている人たちの状況はめまぐるしく変わり、季節は何度も移ろってきた。それでも福島の景色は、津波や原発事故に見舞われた事実を忘れさせてくれない。

復興に向けて歩み始めた人々の姿を捉えようと、現在の景色を切り取ってみた。しかし当たり前のことだが、そこにあるのは震災で深い傷を負った福島の姿だ。

【参考記事】<Picture Power>置き去りにされた被災者家族の願い

6年に渡ってずっと見つめてきたある酪農家の家族は、廃業した後も馬や羊の世話が苦悩を癒していた。街は一見、落ち着いているように見えるが、人々の生活に足を踏み入れてみると、そこには被災者しか感じることのないストレスが溢れている。

震災で失われた、かつての福島の日常が戻ることはもうない。それでも人々は、新たな日常を手にしようと立ち向かっている。


ppfukushima6-02.jpg

夜明け前の仮設住宅は静まりかえっていた(本宮市、1月1日撮影)


ppfukushima6-03.jpg

国道沿いの畑で行われていた野焼き(大玉村、3月6日撮影)


ppfukushima6-04.jpg

猪苗代湖は外国人観光客で賑わう(3月6日撮影)


ppfukushima6-05.jpg

平日の道の駅は閑散としていた(柳津町、3月6日撮影)

Photographs by SOICHIRO KORIYAMA