写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ZMPは3月10日、自動車の1/10スケールの実験車両「RoboCar 1/10」に、無線通信環境下でのコントローラを用いた遠隔操作を可能とする「RoboCar 1/10 2016 遠隔操作パッケージ」を製品ラインアップに追加したことを発表した。

同製品は、1/10スケールのロボットカー「RoboCar 1/10 2016」をベースに、専用PC、Wi-Fiルータ、ステアリングコントローラをセットにしたもので、完全無人、いわゆるレベル4で必要とされる遠隔操作技術を備えている。

RoboCar 1/10 2016は、外界センサとして単眼カメラ、赤外線センサ、レーザレンジセンサを搭載し、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダにより車両の挙動や走行距離の把握が可能な実験車両で、自動運転開発のための各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリも用意されているため、これらのライブラリを用いたアプリケーション開発も可能となっている。

なお、同パッケージの価格は一般向けが133万円(税別)、アカデミック向けが121万円(税別)となっている。

(小林行雄)