モアナ役を務めた屋比久知奈と、マウイ役を務めた尾上松也

写真拡大

美しい海と、その海に選ばれた少女の心の成長を描いたディズニー・アニメーション映画最新作「モアナと伝説の海」(3月10日公開)で、日本版声優を務めた屋比久知奈と尾上松也(以下、松也)。ディズニーのヒロイン史上最大級のオーディションで選ばれた屋比久と、共に声優初挑戦となった松也に、映画に対する思いと役柄について語ってもらった。

【写真を見る】劇中に登場する“ミニ・マウイ”のタトゥー(メーク)を腕に施した松也

――役者という立場から、声優をやられてみてどうでしたか?

松也:とてもうれしかったです。まず、観客からキャラクターとして見えていたい、マウイを通して僕が見えないようにしたいという気持ちでさせていただきました。

日本のアニメーションの収録は分からないですが、今回は元々口の動きやタイミングが合うように作られた本国で録ったものがあって、秒数が決まっている中で感情を入れてせりふを言わないとならなくて。

実際にアフレコをしてみて思ったことは、決められた制限がある中で演じるのはすごく難しかったということ。

例えば、自分はこういう表現にしたいとか、自分の感覚でやってみようとすると合わない場合がある。ですので、できるだけキャラクターの感情に自分を合わせていくのですが、集中力が必要で細かな作業でした。今まで見てきたアニメーション声優の皆さんのすごさを実感しました。

――屋比久さんも初めての声優ということでしたが、いかがでしたか?

屋比久:本当に分からないことだらけで、声優について勉強しようと思って、調べてみたんですけど(笑)。そんなことでは分からない世界だったので、体当たりでやってみるしかないなと思って。

声の世界の奥深さとか、面白さっていうのを今回とても感じて、こんなにも声一つでいろんな表情が見えるんだと、声優という仕事を尊敬しました。

それから、私自身もっともっと学びたいという思いが出てきて、表現の幅を広げたいと思いました。今回とても貴重な体験をさせていただいて幸せに思います。

――マウイは陽気なキャラクターですが、松也さんと共通する部分はありますか?

松也:本能とノリで生きている部分ですかね。結果、それが良くない方向に行っても、とりあえずなんとかなる、みたいな打算的な感じは近いと思います(笑)。

僕はマウイみたいに繊細ではないので、そこに対する闇はないですが。マウイは人に認められたかったり、愛されたかったりというのがあって、一生懸命やるんですね。

本編では描かれていないところで、“テ・フィティ”の心を取るまでを想像すると、勢いとノリじゃないかなと思います。そういう共通項はあると思いましたね。

――マウイのように打算的だけど、繊細な部分を抜いた感じ?

松也:あれ? 僕は責任感もあまりないですし、マウイの悪い部分だけなのかな(笑)。

――屋比久さんは、南国で生まれ育ったという境遇がモアナと一緒ですよね。そこは意識されましたか?

屋比久:意識というよりは、“海に対する感覚”が当たり前にあって、海が日常の生活の中に存在しているという部分は、モアナと同じ感覚を持っていたのかなと思います。

また、外の世界に憧れる気持ちは、私自身も島に住んでいるので理解できました。外の世界ってきらきらして見えるんですよね。

もちろん、(出身地の)沖縄も大好きなんですけど、それとは違うところで、外の新しい世界に対して揺れ動く気持ちに共感しました。

――それぞれお好きなシーンについてお聞かせください。

松也:僕はタマトアのシーンが大好きです。(タマトアの歌う)あの曲素晴らしいですよね! ポップでありながらも気持ち悪くて、若干イライラする曲(笑)。

(声優を担当する)ROLLYさんがとても良くて。あの不気味な感じが好きなんですよ。なので、そのシーンになるとワクワクします。マウイはめっためたにやられてしまうんですけどね(笑)。

屋比久:私は、最後にモアナが島から海を見詰めるシーンと、その表情が好きです。

――ディズニー・アニメーションの新ヒロイン誕生となったモアナですが、モアナ以外で好きなヒロインはいますか?

松也:僕はジャスミンですね。あの天真らんまんな感じと、自由な振る舞いに振り回されたいです。顔もタイプ(笑)。あと、ティンカー・ベルも女性の本性を表していて好きです、あの意地悪な感じ(笑)。(女性は)みんなそういうところありますよ(笑)。

屋比久:私は印象に残っているというか、かっこいいなと思ったのがポカホンタス。作品としても好きなんですけど、ポカホンタスという女性像にすごく憧れていた時期がありました。

自然に囲まれて生活していた中で、突然、外国から文明が入ってきて戦いになってしまうんだけれど、その時にポカホンタスの強さが表れるんです。女性としてかっこいいなと思いました。

――最後に、もうすぐ公開になりますが、心境をお聞かせください。

松也:声優に挑戦して、録り終えるまで自分のシーンしか知らなかったので、全体像が見えてこない不安はありました。

ですが完成したものを見たら、自信を持って性別年齢問わずに楽しんでいただける作品になっていると思いました。ディズニー・アニメーションの中でも、歴史に残る作品になるのではないかと思っています。屋比久さんの歌声も素晴らしいので、そう確信しております。観客の皆さんの反応を早く見たいですね。

屋比久:ワクワクしています。早く多くの方々に見ていただきたいです。それぞれの立場や世代で、いろんな見方をしていただける作品だと思います。