前作の主人公レオも登場! (C) 2016 Universal Studios.

写真拡大

 「1年に一晩だけすべての犯罪が合法化される」という法律がもたらす恐怖を描き、シリーズ累計興行収入300億円超を誇る人気スリラー「パージ」の第3作が、「パージ:大統領令」の邦題で4月14日から全国公開されることが決定した。

 「パラノーマル・アクティビティ」シリーズの製作ジェイソン・ブラムと「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイが前作「パージ:アナーキー」に続き共同プロデュースを行う最新作。本作では、パージ法に異を唱える大統領候補のローン上院議員(エリザベス・ミッチェル)と護衛を務めるレオ(フランク・グリロ)が、パージ法を推奨する極右政権NFFAのわなにかかり、武装集団に追われるはめになる決死の12時間を描く。「キャプテン・アメリカ」シリーズのグリロが、前作に続きレオ役に扮する。

 場面写真3枚も公開され、緊迫の面持ちで銃を構えるレオ、平等な社会を作り上げようと立ち上がるもパージの標的とされるローンのほか、仮面を付け、派手なコスプレに身を包んだ女性たちが、ショットガンを片手にこちらに向かってくる不気味なシーンが切り取られている。本国アメリカでは、大統領選中の独立記念日に合わせて公開されるというエッジのきいた試みがなされた。

 「パージ:大統領令」は、4月14日から東京・TOHOシネマズ日劇ほか全国で公開。