お正月の定番に大きな変化を求める!

写真拡大

 東京五輪が3年後に迫る中、2月26日に開かれた東京マラソンは、上位7人は全員、アフリカ勢で日本人トップ8位の井上大仁(山梨学院大卒、MHPS)ですらトップと4分以上の大差だった。昨年11月に日本陸連の「マラソン強化戦略プロジェクト」リーダーに就任した瀬古利彦氏(DeNAランニングクラブ総監督)は危機感を顕わにし、「箱根駅伝に『42.195km』区間をつくる」プランを明かした。これには指導者たちの間でも賛否両論となっているが、箱根ファンは瀬古氏の提案をどう聞くか。

「導入するなら復路より往路が絶対にいい」と断言するのは、駅伝シーズンを通じて最も現場に足を運ぶウェブメディア「EKIDEN NEWS」の「博士」こと西本武司氏だ。

「瀬古さん提案の9区(戸塚〜鶴見=23.1km)+10区(鶴見〜大手町=23.0km)だと、トップから最後尾までの差が大きく、交通規制を担当する警察当局などの了承を得るのが難しくなるでしょう。また、過酷な設定によって最後尾のゴール時刻が後ろ倒しになれば、その後の全国高校サッカー選手権の放送時間との調整が必要になり、日テレ側もやりづらい。かといって復路のスタート時刻を早めようにも、1月の芦ノ湖は午前8時でさえ路面が凍結しているからまず無理」

 その点、往路なら先頭と最後尾の差も小さく、スタート時刻も含めて柔軟な対応が可能だという見方だ。では往路ならばどこか。

「3区の終点の平塚中継所を起点に、湘南国際マラソンの周回コース(西湘バイパス二宮IC〜江の島入り口)を『新4区』として挿入したらどうでしょう。海沿いのフラットなコースで高速レースの設定になる」

 西本氏の話は止まらない。

「せっかくなら毎年12月開催の湘南国際マラソンを1か月後の箱根と同日開催にしたら東京マラソンと同様、並走する市民ランナーからの声援で一段と盛り上がるに違いありません」

 さらに瀬古氏が高校で800m、1500mの2冠達成ランナーだったことを踏まえて西本氏が続ける。

「箱根に中距離の区間を加えてもいい。『スピードスター区間(1500m)』と『マラソン区間』ができれば、これまで箱根人気とは無縁だった種目の選手も注目され、陸上界全体の世界挑戦に弾みがつく」

 実現性はさておき、瀬古氏の箱根駅伝改革の提案は議論の広がりを見せる。高速化した東京マラソンの新コースの設計にあたったレースディレクターの早野忠昭氏はいう。

「当日、浅草付近の直線でペースメーカー(世界記録ペース)と並走するバイクから後ろを見たら、遠くに日本記録に近いペースで走る日本人選手が見えたんです。彼らは“世界との距離”を感じたはず。設楽悠太(東洋大卒、Honda、2時間9分27秒)選手はレース後『今後どう走ればいいかわかった』とコメントしたが、きっと今なら瀬古さんのいうことが理解できるんじゃないでしょうか。『練習量はほんとうに必要なんだ』って」

 箱根が面白くなり、マラソン強化にもつながる策はあるのか。改革を試みる余地はありそうだ。

※週刊ポスト2017年3月17日号