笑ったら寝ろ!? 爆笑動画を生む“残念なイケメン”の睡眠事情

写真拡大

会社員のかたわらSNSに自作動画の投稿を始め、ツイッターのフォロワー数が30万を超える “もりすけ”こと森祐介さん。その動画は思わず吹き出してしまう爆笑ネタが満載で、閲覧回数が2億回を超えるものも。容姿端麗なのに、そこまでやるかと思わせる変顔やオモシロ行動を見せる“残念なイケメン”であるところも魅力のもりすけさんですが、多忙な中で動画を撮影するためには睡眠時間を削るしかなく、仕事のミスや体調不良に悩まされたこともあったとか。そんなもりすけさんが、人気動画を作るために会得した、独自の睡眠法則について伺いました。

 

もりすけさんの作品『カップル共同アカウントを見ている人々。』

目次

1.睡眠8、9時間の生活が、動画投稿を始めて一変した!
2.睡眠時間を削って動画をアップ…寝坊、体調不良でヤバかった!
3.寝るまでに1日のエネルギーを使い切り、朝は必ず8時に起きる!
4.寝るときはいつもジャージ。でも、パジャマってめっちゃよく眠れる!

 

睡眠8、9時間の生活が、動画投稿を始めて一変した!

睡眠8、9時間の生活が、動画投稿を始めて一変した!

鹿児島県ですくすくと育ったもりすけさんは、身長182センチ。子どものころから両親に「ちゃんと寝ないと背が高くならないよ」と言われて育ち、夜更かしはしなかったといいます。
 
「高校まで夜中0時前には寝る生活でしたね。バスケットボール部だったので毎日練習で疲れて、家に帰ったらすぐに寝ちゃう。そのころの睡眠時間は8、9時間。いま考えると本当によく寝ていました」(もりすけさん)
 
学生時代から「ルックス良し、学校の成績良し、運動神経良し」のモテキャラだったのに、なぜかほとんどモテなかったというもりすけさん。「あのころは、けっこう地味なキャラだったんですよ」と打ち明けてくれました。
 
「大好きだった『Mr.ビーン』のものまねでクラスメイトを笑わせるなど、人を喜ばせるのはもともと好きだったんですが、どこかで自分の本心を抑えていた部分がありました。モデルやタレントに興味があったのに、自分からはなかなか言い出せなくて。だから、雑誌『JUNON』のコンテストのページをわざと開いて家のリビングに置いて、母親に『これ応募してみたら?』と言ってもらえるのを待っていたりしましたね。結局、きれい好きな母親がさっと雑誌を片付けて、それっきりでした(笑)」(もりすけさん)
 
福岡の大学に進学後、「教室の後ろでだべってバイトするだけのやる気のない生活を送っていた」というもりすけさん。しかし、就職活動をきっかけに「自分のことをもっと多くの人に発信していこう」という意識が芽生え、自分で会社を立ち上げたいと考えるようになったそうです。
 
「まだ何をやりたいかがぼやっとしていたので、とりあえず福岡で会社員になったんです。でも、自分が目指す方向性と会社がマッチしていないと思い、8ヵ月ほどで転職を決意…。そんなときにSNSで動画投稿を始めたんです。もともとWebサービスに興味があったんですが、当時(2013年末)はちょうどこれから動画がくるぞ、と言われていた時期。クリスマスにあまりにヒマだったので、軽い気持ちでひとり焼肉の動画を撮って投稿してみたら、予想外に多くの人から反応が返ってきてびっくりしました」(もりすけさん)
 
その動画を皮切りに、キャッチーで誰もが共感できる爆笑ネタを投稿していったもりすけさんは、たちまち多くのフォロワーを獲得。「“残念なイケメン”もりすけ」としてSNSの人気者になっていきました。
 
「閲覧数がどんどん増えていって『頑張ってください』とコメントをもらうようになると、見てくれている人がいる、必要とされているんだと思ってやる気がわいてきました」(もりすけさん)

もりすけさんの作品『バレンタイン選手権』

転職後、再び就職したもりすけさんは、昼間は会社員として働き、夜は毎晩動画を作って投稿する生活を始めたそう。しかし、そこに思わぬ落とし穴が…!?

睡眠時間を削って動画をアップ…寝坊、体調不良でヤバかった!

睡眠時間を削って動画をアップ…寝坊、体調不良でヤバかった!

動画投稿を始めてから、もりすけさんの生活はがらりと変化。それまで7、8時間あった睡眠時間は半分になってしまいました。
 
「福岡にいたときは、毎日夜7時ごろに帰宅。そこからネタを考えたり、動画を撮影したりしていると、あっという間に時間が過ぎて、気づけば寝るのが明け方になることもしょっちゅう。それでも朝起きて会社に行かなければいけなかったので、つらかったですね」(もりすけさん)
 
そんな無理をしながらも動画投稿を続けていたのは、フォロワーさんの「元気になります」の一言が励みになったからだそう。
 
「僕自身、自分が元気になれる動画を作っているんですよね。自分でも笑いながら作ってる。自分でやっていて楽しいし、みなさんがそれを見て『楽しい、元気になります』って言ってくれたら、それで僕も元気になれる。だからまた作ろうと思うんです」(もりすけさん)
 
動画のためのネタ探しにも時間を惜しまないという、もりすけさん。女性誌のコラムや友達との何気ない会話からネタを思いついたり、インターネットでキャッチーな音楽を探してそこからネタを考えたり。ところが、動画制作に熱中する日々を過ごすうちに、仕事でのミスが増えていったといいます。
 
「動画作りのために睡眠時間を削りすぎたせいで、体調を崩してしまって会社を休んだり、寝坊で遅刻することがあったり、仕事中に居眠りしてしまったり、悪い影響が出てきてしまったんです。僕のSNS活動を応援してくれる会社ではあったのですが、面談で『体調管理ができていないから昇給はできない』と言われて…」(もりすけさん)
 
そこで睡眠の大切さに気づかされたもりすけさんは、「毎日最低4時間は寝よう」と決意。いまでは平均4時間の睡眠時間をキープしているといいます。
 
「寝不足のときはコーヒーとお昼寝に助けられましたね。昼食後に仮眠スペースで15〜20分ぐらいゴロンと寝ると生き返りました」(もりすけさん)
 
こうして、仕事と動画投稿の活動をうまく両立できるようになったもりすけさんは、2015年、東京の事務所にスカウトされ、モデル・タレントの仕事をスタート。会社員、モデル、動画制作の「3足のわらじを履く」多忙な生活が始まり、2016年末には福岡から東京へ引越しました。
 
「ずっとやってみたかったモデルの仕事ができるのはうれしいですね。ただ、福岡にいると活動が限られてしまうので、フットワークを軽くするために上京を決意。会社も東京のオフィスに転勤させてもらいました。モデルという枠にとらわれず、動画で面白おかしいネタを披露したり、下ネタを言ったり、そういうギャップも楽しんでもらえたらと常に考えています」(もりすけさん)

寝るまでに1日のエネルギーを使い切り、朝は必ず8時に起きる!

寝るまでに1日のエネルギーを使い切り、朝は必ず8時に起きる!

現在、もりすけさんは都内のマンションで一人暮らしをしていますが、上京後はしばらくシェアハウスで暮らしていたといいます。
 
「シェアハウスといっても“テラスハウス”みたいなおしゃれなところじゃないですよ。友人の一軒家に男ばかり集まって居候する形です。しかも、僕は後から入ったので、空き部屋はガレージしかなくて。戸口から冷たい隙間風が入ってくるだけじゃなく、近所のおじちゃんが勝手に入ってくることも(笑)。これは越冬できないな、と思って一人で暮らすマンションを探しました。僕が部屋を選んだ条件は、動画撮影をしやすいこと。白い壁があって、防音がしっかりしていることが必須です」(もりすけさん)
 
会社にいる間にネタが浮かんだら、帰宅後すぐに撮り始めるというもりすけさんにとって、寝るまでの時間は貴重な動画制作の時間。「動画を作っていたら、飲みに誘われても行かないですね。だから、東京に来たけど外で遊んで夜ふかしすることは、意外と少ないんですよ」とのこと。また、もりすけさんは「寝る時間は特に決めていない」といいます。
 
「動画を作るとなったら、限界まで寝ないで作る。1日のエネルギーをすべて使い切って、HP(ヒットポイント)がゼロになったところでバタンと寝るんです。寝る時間を決めて、眠くないのに布団に入って眠気を待つことはしないですね。ベッドの中でモヤモヤやイライラを感じたら、もうベッドから出ちゃう。リフレッシュのために何か食べたり、夜中に散歩したりするんです」(もりすけさん)
 
ただし、最低4時間の睡眠を確保するために夜中の3時半ぐらいには寝るように意識しているとのこと。それを過ぎると……
 
「僕にとって、翌朝起きられるかどうかのボーダーラインは明け方の4時半なんです。どうしてもその時間を過ぎてしまうときは、横にならないで、ソファのクッションによりかかって座ったまま寝るようにしています。うっかり寝過ごしてしまうこともないですし、意外と朝すっきりと起きられるんですよ」(もりすけさん)
 
というのも、どんなに寝るのが遅くなっても、平日は必ず朝8時までには起きないと会社に間に合わないため。
 
「僕、寝付きはいいんですが、寝起きは悪くて。だから、アラームは何重にもかけています。一番効果的なのは、テレビのオンタイマー。朝7時半にセットしているんですが、『ZIP!』で速水もこみちさんがオリーブオイルをふりかけるころには起きないと間に合わないんです」(もりすけさん)
 
寝不足が続いてしまうと、休日はお昼近くまで寝てしまうことがあるのだそうですが、「寝すぎるとかえって体の調子が狂うので避けています」ともりすけさんはいいます。
 
「4時間睡眠は人より短いかもしれないですが、もうこれで一定のリズムができているので、これが自分に合った睡眠時間なのかなと思います。他の人はもっと寝ているんですか?堀江貴文さんは睡眠6時間?偉い人はみんなわりと寝ているものなんですか…いまは余裕がないですが、僕もそのうちもっと眠れるようになりたいな」(もりすけさん)

寝るときはいつもジャージ。でも、パジャマってめっちゃよく眠れる!

寝るときはいつもジャージ。でも、パジャマってめっちゃよく眠れる!

最近、「夜の時間の使い方に変化が出てきた」と、もりすけさん。動画撮影だけでなく、ベッドの中で映画を見たり、動画のチェックをしたり、自分を充電するリラックスタイムを作っているのだとか。さらに、気持ちよく眠るための環境作りにも気を使っているといいます。
 
「目覚ましのアラームをちゃんとかけて、いつ寝てしまってもいい状態でベッドに入るんです。それから、間接照明をつけてオシャレで落ち着いた雰囲気を演出します。最近は1週間に2、3本映画を見ていますが、夜中の1時から見始めるとちょうどエンドロールが始まる夜中の3時ごろには自然と眠くなるんですよね。アクション映画だと興奮してしまうので、落ちついて観られるストーリーのものを選ぶようにしています」(もりすけさん)
 
寝る環境に人一倍気を使うもりすけさんですが、寝るときの衣服に関してはあまり気にしていないそう。
 
「寝るときの格好に統一感はないんですよ。たとえば、中学のときのジャージと高校のときのバスケの練習着とか(写真参照)。このあいだ、インスタグラムで寝るときの格好をアップしたら、姉貴から『あんたそのジャージ、何年着てるの?』ってコメントされちゃって。数えてみたら13年着てました(笑)」(もりすけさん)

寝るときはいつもジャージ。でも、パジャマってめっちゃよく眠れる!

ジャージには、“森”の刺繍が!

中学生時代のジャージを寝巻きとして愛用しているもりすけさん。女性の寝巻きにも一家言あるようで…。
 
「モコモコ、フワフワしたかわいすぎるパジャマは、気合いが入りすぎていて少し苦手かもしれません(苦笑)。むしろ中学のときのジャージなんて着てたら、『僕だからいいけどほかの奴に見せたらあかんぞ』っていう感じで、好印象です! 寝るときぐらい気負わずリラックスしてほしいですからね。」(もりすけさん)
 
そんなもりすけさんですが、Fuminners(フミナーズ)が睡眠メディアということで、インタビューに先立って、はじめて自分用のパジャマを購入したそう。
 
「いままで気づかなかったんですけど、ジャージって意外と汗を吸わないんですね。今回買ったのはガーゼのパジャマなんですけど、肌触りがすごくよくて汗もしっかり吸ってくれるんです。着てみるといつも以上によく眠れて、朝すっきり気持ちよく目覚めたんです。これからはもうパジャマを着て寝るべきかも!」(もりすけさん)

寝るときはいつもジャージ。でも、パジャマってめっちゃよく眠れる!

さらに、「これを機に、睡眠をネタにした動画をどんどん作ってみようかな」と、動画制作への意欲もムクムク湧いてきたようです。
 
「睡眠って誰でも共感できる部分があるから、すごくネタにしやすいですよね。僕自身、寝起きが悪いから『【朗報】寒い朝でも確実に起きられるアラーム』というネタを思いついたわけですし。こういった日常に潜んだ面白い発見や驚きを、今後は動画だけでなく、ラジオやテレビでも表現できたらいいなと思ってるんです。
あとは、『Mr.ビーン』のようなビジュアルコメディをチームでやってみたり、動画から抜け出して舞台とかライブ感のあるものも作ったりもしてみたいですね。30歳になる東京オリンピックまでに、自分が本当に楽しめるもの、思い描いているものを形にするのが目標です」(もりすけさん)

もりすけさんの作品『【朗報】寒い朝でも確実に起きられるアラーム』

やりたいことをすべてこなすには、とても24時間では足りないといった様子のもりすけさんですが、自分に合った睡眠リズムをつかんだことで、多忙を極める中でも安定した生活が送れていて、以前よりもぐっすり眠れているという実感があるそうです。
 
☆このインタビューをきっかけに、睡眠がテーマの作品が生まれました!

もりすけさんの作品『【発見】確実に寝られるBGM』

睡眠に悩む人も元気にしてくれる、楽しい作品を期待しています!

【眠りの黄金法則】

寝るまでに1日のエネルギーを全部使い切るモヤモヤやイライラを感じたら、布団から出る 遅く寝てしまっても、毎朝必ず同じ時間に起きる

【ウィークデーの平均睡眠時間】

4時間

【睡眠タイプ】

やりたいことをやりきって寝ることで、ストレスフリーで短時間でもぐっすり眠れるタイプ
もりすけさんのフミナー度は『60%』、眠りが悪化している可能性があります。bnr_list_check

 

もりすけさん
森祐介さん1990年11月25日生まれ、鹿児島県出身。ワーナーミュージックエージェンシー所属。ファッション誌『street Jack』専属モデルを経験。2013年末からSNSで動画投稿を始めると、総ループ回数が5億回を突破するほどの人気を集め、メディアでも注目される。ツイッター、インスタグラムなどフォロワーは計30万人以上。LINE BLOGにてオフィシャルブログ更新中。
Twitterアカウント:@Morisuke08


☆★☆ Fuminners編集部オススメ ☆★☆
占いで知る【寝たほうがいい時間帯】。ゲッターズ飯田さんからの睡眠アドバイスも!
2017年上半期の運勢(ゲッターズ飯田)寝たほうがいい時間帯も!