故障者/新潟=伊藤、ジャン・パトリック 清水=竹内、河井、村松、カヌ、西部
出場停止/新潟=なし 清水=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第3節
アルビレックス新潟-清水エスパルス
3月11日(土)/15:30/デンカビッグスワンスタジアム
 
アルビレックス新潟
今季成績(2節終了時):11位 勝点1 0勝1分1敗 2得点・3失点

【最新チーム事情】
●前節はゲームの要所を押さえられず、神戸に競り負ける。
●途中出場の田中達也が2試合連続ゴール。
●出場停止だった矢野貴章、ロメロ・フランクが出場可能に。
 
【担当記者の視点】
 前節の神戸戦は、試合開始早々に警戒していたセットプレーからあっさり先制される苦しいスタートとなった。その後、粘り強い守備をベースに反撃のチャンスをうかがい、75分、途中出場の田中が2試合連続ゴールを挙げて追いつきながら、直後にまたもやセットプレーから失点。1-2で競り負けた。
 
 開幕の広島戦を含め、2試合で喫した3失点はいずれもセットプレーから。それも一発で合わされたのではなく、セカンドボールを拾われてから被っているだけに、守備の改善は急務だ。セットプレーの守備を考えれば、出場停止が明ける矢野貴章は、その高さで頼もしい存在になってくれそうだ。
 
 また、2試合の出場停止が解けるロメロ・フランクは、今週のトレーニングで主力組のボランチに入る場面も。出場がかなえば新潟デビューとなり、熱いプレーが期待できるだろう。
J1リーグ 第3節
アルビレックス新潟-清水エスパルス
3月11日(土)/15:30/デンカビッグスワンスタジアム
 
清水エスパルス
今季成績(2節終了時):9位 勝点3 1勝0分1敗 1得点・1失点
 
【最新チーム事情】
●前節の広島戦で今季初勝利。
●ボランチで先発濃厚な六平の相棒は、直前まで吟味する方向。
●ブラジル人FWチアゴ・アウベスの獲得が濃厚。
 
【担当記者の視点】
 先発メンバーの顔ぶれは、今季初勝利を飾った前節の広島戦からほぼ不変だろう。唯一、流動的なのがボランチだ。守備力がある反面、展開力を欠くフレイレの代わりに、野津田が起用される可能性もある。
 
 今季加入したばかりの野津田はこれまでサイドハーフを主戦場としてきたが、練習試合でボランチに抜擢されると好プレーを連発。とりわけ、攻撃時には効果的なパスを供給するなど、そのパフォーマンスに小林監督も期待を膨らませた。
 
 今節は、奇しくも昨季に所属した新潟のホームに乗り込む一戦。先発起用は直前まで吟味されそうだが、消化不良に終わった神戸戦でのリベンジを果たし、新境地を切り拓くか。