お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、広告会社に勤務する児島裕子さん(仮名・30歳)からの質問です。

「ずっと1枚のクレジットカードを使い続けていたら、カード会社からゴールドカードへの移行の勧誘が来ました。ステイタスは感じますが、年会費もかかるし迷っています。年会費分のもとはとれるのでしょうか?」

ひと昔前は、限られたごく一部の人しか持てなかったゴールドカード。最近は、年会費を払っても実質無料! なんていうカードの宣伝も見かけます。ステイタスもあってお得なら、欲しい気持ちも湧きますが……。さっそく森井じゅんさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

ゴールドカードをもつにふさわしい状況なの?

お買い物のとき、とくにブランドもののバッグなどの高額な支払のときに、小銭を混ぜた現金や、一般のクレジットカードだとちょっと恥ずかしい……と感じる人もいるかもしれません。そんなときに、サッと黄金に輝くクレジットカードを差し出せたら。その買い物に似合う女性になったような気分を味わえますよね。でも、そう思ってしまう時点で、今はゴールドカードを持つにふさわしい状況にはないかもしれません。

ゴールドカードとはクレジットカードの種類のひとつ。一般的なクレジットカードよりもランクアップしたサービスを受けられるカードで、その名の通り金色をしています。

以前は年齢や年収、役職や勤続年数などの厳しい入会審査基準があり、限られた人だけが持てるカードでした。また、年会費も数万円と高額。それだけに、ステータスをアピールできるカードだったといえます。

しかし、最近では楽天プレミアムカードのように、年会費が1万円(税別)と比較的安く、審査もそれほど厳しくないゴールドカードも増えました。
中には年会費無料を謳ったゴールドカードもあります。たとえば、イオンカードの場合、イオン系列の店舗で累計60万円のカード利用があれば、その時点でイオンゴールドに移行できます。年会費は永年無料です。

単にゴールドカードを持っているからと、自慢できる時代でもありません。ゴールドカードをもつなら、ステータスをアピールするためというより、自分の生活にどれだけお得をもたらしてくれるかで考えるべきでしょう。

→一般カードにはない、ゴールドカードのメリットって!?

一般カードとゴールドカードのサービスの違いは?

ゴールドカードは一般カードよりも、サービス内容がランクアップされています。たとえば、一般カードに付帯している海外旅行保険/国内旅行保険やショッピング保険などは、ゴールドカードのほうが補償内容が充実しています。また、一般カードだと有料の空港ラウンジがゴールドカードでは無料で利用できたり、VIP専用のラウンジが使えたりとランクアップします。

ネット申し込みで初年度の年会費が無料(翌年より1万円:税別)になるJCBゴールドカードの海外旅行補償額は最高1億円。年に数回、海外旅行へ行き、その都度、海外旅行保険をかけているならば、カードの年会費分くらいにはなりそうです。

初年度年会費無料の三井住友VISAゴールドカード(翌年より1万円:税別)だと、ANA、クリスフライヤー、アリタリアと、利用できるマイレージも増えます。このカードも、海外旅行好きにおすすめといえます。

そのほか、月替わりで全国のレストランやエンターテイメントを最大20%オフで利用できたりといった優待サービスや、演劇などのチケットの先行予約ができたりなど、一般カードよりもお得になるサービスを提唱しているのがゴールドカードの特徴です。ただし、これらは、「利用するときに、いくらか安くなる」というもの。自分が使わないものだったり、安いと知ってしまったからわざわざ利用しちゃった、というものになってしまったら、当然のことながら「もったいない」ですね。

→ゴールドカードはコスパで選ぶ! その方法は…

ステータスよりコスパ

ゴールドカードを選ぶときは、コストパフォーマンスも重要なポイントです。もし、ステータスの高さだけで選ぶのであれば、アメックスです。

アメックスのゴールドカードには2種類、国際ブランドが発行会社となっているプロパーカードと提携カードがあります。前者はアメリカン・エクスプレス・ゴールド・カードで、審査も厳しく、年会費も2万9000円(税別)とゴールドカードの中では高額。その一方で、「世界で通用するステータスカード」としての地位は絶大です。

後者のセゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、審査もプロパーより緩く、年会費も頻繁に初年度無料キャンペーンを行なっています(翌年から1万円:税別)。それでいて、保険の充実はプロパーカードに引けを取りません。また、還元率は本家アメックスより高く、JALマイルがいちばん貯まるクレジットカードともいわれます。ひと昔前は、日本国内でアメックスが利用できる加盟店数が少なかったのですが、JCBと提携しているため、JCBが使える場所ではほぼ使えるようにもなってきています。不便もあまり感じないでしょう。

ゴールドカードをネットで申し込んでお断りのメールが届くと、けっこうなダメージになるんですよね……。

コスパで選ぶ場合には、還元率を重視しましょう。還元率ついては、前回にお話しましたが、お得かどうかを考えるときには、自分の買い物パターンで判断するのがいちばんです。

たとえばネットショッピングが多い方であれば、楽天プレミアムカードやAmazonマスターカードゴールド(年会費1万円:税別)はいかがでしょうか。

楽天プレミアムカードは、ポイント還元率が最大5.0%になります(楽天市場でカード決済し、貯めたポイントを楽天スーパーポイント加盟店で利用した場合)。公式サイトにECがついているところでも、試しに検索してみると、楽天市場にお店があったりもするので、お得度がアップしますね。

また、Amazonマスターカードゴールドは、Amazon内で利用することで、通常の2.5倍のポイントが貯まります。さらに、無料でお急ぎ便などが利用できるAmazonプライムも無料で利用できるなど、サービスも充実。買物はすべてAmazon、という人は、それだけで、年会費も割安に感じられるのではないでしょうか。しかも、利用状況によっては、年会費が最大6000円(税別)の割引になります。Amazonで販売されている商品は、割高のものがときどきありますので、その点は注意したいところですが、お得を感じやすいのではと思います。ちなみに、yahooカードにはゴールドカードはありません。



■賢人のまとめ
年会費永年無料のイオンゴールドは、イオンを使う人にはお得大。旅行好き?ネットショッピングが多い?など、自分の買い物パターンを見直して、どのサービスがついていればお得になるかをチェックしよう。

■プロフィール

女子マネーの達人 森井じゅん

1980年生まれ。高校を中退後、大検を取得。レイクランド大学ジャパンキャンパスを経てネバダ州立リノ大学に留学。留学中はカジノの経理部で日常経理を担当。

一女を出産し帰国後、シングルマザーとして子育てをしながら公認会計士資格を取得。平成26年に森井会計事務所を開設し、税務申告業務及びコンサル業務を行なっている。