写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本テレビ系ドラマ『男水!』(毎週土曜24:55〜)の最終話が11日、放送される。

同作は白泉社・花とゆめ「花LaLaonline」で連載中の木内たつや原作コミックを実写化。高校の弱小水泳部を舞台に、男子高校生たちの青春を描く。メインキャストは主に2.5次元舞台で活躍する俳優たちを集め、同キャストで5月に舞台版を製作する。

都大会当日を迎えた水泳部の面々。秀平(松田凌)と大樹(宮崎秋人)は、今の想いを龍峰高校の礼央(安西慎太郎)に伝えようとスタート台に立つ。一方、龍峰高校の平(小澤廉)は予選1位のタイムで決勝進出を決める。平と戦うために決勝戦を目指す秀平、礼央と予選で相見える大樹と、それぞれの思いがぶつかり合う。

放送日には、よみうりランド日テレらんらんホールで最終回直前イベントも開催。チケットは発売と同時に即日完売し、1,000人のファンの前で出演者がドラマ『男水!』の魅力を語り合う。

同作にはメインとなる東ヶ丘高校に松田凌(榊秀平役)、宮崎秋人(篠塚大樹役)、赤澤燈(小金井晴美役)、佐藤永典(滝結太役)、神永圭佑(原田ダニエル役)、コーチ役に廣瀬智紀(川崎亮也役)が出演。対する強豪校・龍峰高校生徒として、安西慎太郎(藤川礼央役)、小澤廉(平光希役)、黒羽麻璃央(仁科譽役)、池岡亮介(神宮一虎役)が出演している。