iPhoneがメモリー不足に!撮りすぎた「画面キャプチャ」だけを、まるっと削除する方法

写真拡大 (全4枚)

iPhoneで画面キャプチャは、実に便利に使える機能だ。
たとえば、Webサイトなどで、メモしたい内容や、メッセージなどのやりとりの証拠や確認で残しておきたいとき、アプリの説明をしたいときなど、メモをするよりも素早く画像として記録できるからだ。
保存された画像は、あとでゆっくり見られるので、なにかと重宝する。

しかし、画面キャプチャは、便利で手軽に使えるからこその、落とし穴もある。

うっかりすると、もう使わない画面キャプチャ画像が、iPhone内に大量に溜まってしまうことだ。
こうなると、iPhoneの内蔵メモリーの空き容量が少なくなるなど、困ったことになる。

たとえば、たまってしまった画面キャプチャ画像が1000枚以上の場合、1枚ずつ消すには、おそろしく手間がかかる。
カメラロールの全画像を削除すれば、iPhoneのメモリーの空き容量は確保できるが、大事な家族や友人などの写真もあるので、すべて削除は、できない。

実は、簡単な操作で、画面キャプチャだけを、まるっと削除することができるのだ。

■画面キャプチャのみを削除しよう
ホーム画面から「写真」をタップする。「カメラロール」になっている人は、左上の「アルバム」をタップしよう。




ここで、画面を下のほうにスクロールさせると、「スクリーンショット」のフォルダが現れる。
「スクリーンショット」のフォルダをタップしたら、「選択」を選択しよう。




「すべてを選択」をタップして右下の「ゴミ箱」アイコンをタップすると、確認が求められるので、問題なければ、そのまま削除しよう。




iPhoneユーザーで画面キャプチャを、まるっと一括削除したい人は、今回のテクニックを覚えておくとよいだろう。


ITライフハック 関口哲司