若者の間でも人気が高いYAMAHAのミドルクラスバイク「YZF-R3/R25」。発売当初から高い売上を誇っています。

今回カラーリングが一新され、ニューカラーが加わりました!

1

まずご紹介するのは今回新しく追加された「マットブラック」。

今までブラックなどはありましたが、マットブラックは今回が初となります。差し色になっているレッドと相まって、スポーツ感あふれる仕上げになっていますね。

明らかに正義側ではないこのカラー。思いっきり悪そう!!というわけではありませんが、いい度合いの「ワル」が出ています。

夜ツーなんかですごく映えそうですよね。ミドルとは思えない質感があるカラーです!

こちらも今回追加された「ホワイトメタリック」。細部に散りばめられた強めのイエローが車体全体を引き締めています。

注目して欲しいのがリアサスのスプリングカラー。

普通ここまでカラーを合わせてくれることって中々ありません。製作段階での「効率」よりも「個性」を取ってくれたヤマハに拍手喝采です!

純白の車体に電撃のように走るイエロー…。正義のイナズマ、という感じでしょうか。(厨二感…?

発売当初から続いているブルーもグラフィックが一新され、より熟成された仕様になりました!

ブルーの範囲がかなり増え、少し落ち着いたようにも見えます。

このブルーはヤマハのスポーツスピリットを継承する「レーシングブルー」と呼ばれ、歴史あるカラーなんです。

YZFシリーズの親玉的存在「YZF-R1」のブルーと同じで、他のバイクと並んでも一切引けをとらない、力強いカラーです!

全カラーとも、2017年3月15日からの発売となっています。今年はアドベンチャーミドルも話題になりそうですが、ロードスポーツ系も人気が持続しそうな予感…。

性能的にもYZFシリーズは誰もが認めるハンドリングマシンなのでR3、R25はビギナーでも乗りやすい車両です。気になった方は是非実車を見てみてください!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

悪と正義が共存していた!?「YAMAHA YZF-R3/R25」のカラーが一新!(http://clicccar.com/2017/03/10/447854/)