8日、「2016年中国上場銀行年報研究」が北京で発表された。上場銀行の年度業績報告は全体的に、▽資産負債額が着実に増加▽売上高は急成長を続けた▽純利益の増加スピードが大幅に減速した▽不良債権率が著しく上昇した――などの特徴を呈した。写真は上海。

写真拡大

8日、「2016年中国上場銀行年報研究」が北京で発表された。報告によると、上場銀行の年度業績報告は全体的に、▽資産負債額が着実に増加▽売上高は急成長を続けた▽純利益の増加スピードが大幅に減速した▽不良債権率が著しく上昇した――などの特徴を呈した。人民日報海外版が伝えた。

報告によると、銀行の利益増加スピードの減速は正常な業界発展サイクルに見合うものであり、不良債権率は上昇しているものの、国際的に見ればまだ低レベルで、引当金残高は十分で、リスクコントロールは可能な状態にある。

改革と発展が持続的に進み、中国の銀行はすでに、世界銀行業において、資産額・純利益いずれもトップレベルとなり、そのブランド価値も世界の首位に立った。報告によると、サプライサイド構造改革が深化するにつれて、中国銀行業の発展には新たな動力が加わると予想される。2017年、A株市場に上場している16行は、規模・利益・構造・効率・品質の各方面で、安定した経営態勢を維持する見通し。(提供/人民網日本語版・編集/KM)