代表取締役社長に就任した山崎利恵氏

写真拡大

 ネイトロボティクス(本社米国)は3月8日、日本法人の代表取締役社長に山崎利恵氏が就任したことを発表した。

 山崎氏は1988年に広島大学を卒業後、日本の受配電機器メーカーに就職。退社後、慶應ビジネススクールに進み、94年にMBAを取得。サラ・リー、ナイキ、ゴディバなどグローバルブランドのセールス&マーケティングマネージャーとして経験を重ね、2010年に日本フェレロの代表取締役カントリーマネージャーに就任した経歴をもつ。

 ネイトロボティクスは米国を中心に家庭用ロボット掃除機市場をリードしているが、日本での知名度はまだ高くはない。山崎氏には、さらなるブランド強化と日本市場における成長が期待されている。