デザイン性の高さも強み(写真は「Archer C5400」)

写真拡大

 ティーピーリンクジャパンは、日本でのさらなるシェア拡大のため、3月13日からビックカメラとヨドバシカメラでも、コンシューマ向け無線LAN製品の販売を順次開始する。
 TP-Linkは、世界42か国に現地法人を設け、ネットワーク製品の開発、製造、販売で世界No.1のシェアをもつ。ネットワーキング製品の分野で多くの賞を受賞しており、ユーザー目線の製品開発、インテリアとしても置ける優れたデザイン性、いち早く取り入れる最新技術が強みだ。

 設立20周年目となる2015年10月に、他国よりも大きな投資を行い、日本法人を設立。目標だった日本市場進出を果たした。これまではオンラインショップのみで販売していたが、販売チャネルを家電量販店にも広げる。

 目標は「日本のマーケットシェア1位」。オンライン販売では、通信速度の速いハイエンドな製品を求めるユーザーから高い支持を得た。家電量販店市場への進出を機に、一般家庭でも馴染みのあるブランドへの成長を目指すとともに、フィードバックを生かし、日本ユーザーのニーズにきめ細かく応え、製品ラインアップを拡充する。