【衝撃】キャンプでのツナ缶の優秀ぶりに震える動画 / 燃料にも食料にもなって最初から最後までムダがなさすぎ

写真拡大

日に日に暖かくなってきましたね。もうそろそろ、キャンプやバーベキューなどアウトドアを楽しむにはぴったりの季節がやってきます。

今回みなさまにご覧いただくのは、まさにそういったシーンで役立ちそうなライフハック動画。

ユーザーGuepardo AventuraさんがYouTubeへ投稿していたのは、ツナ缶を無駄なく活用するためのレクチャー動画なのですが……。

え!! いきなりツナ缶に火を点けたんですけど、どういうことー!?

【ツナ缶は燃料にもなる!?】

ツナ缶のフタを開けて、中に紙を数枚投入したGuepardoさん。しばらく浸して紙がツナ缶の油をよく吸ったことを確認したら、紙の端へと火をつけます。

続いて、火がついたツナ缶の上に網を設置。その上に水と米を入れた鍋を置いて、ご飯を炊き始めます。

なるほど、ツナ缶は非常時にはろうそく代わりになるんですね。

【燃料にしたあとのツナ缶をご飯のおかずに…】

ご飯が炊き上がったら、ツナ缶の上に置いた紙の燃え残りを取り除きます。温まったツナを、炊き立てほやほやのご飯のおかずにして、たーんと召し上がれ♪

【非常時にも役立ちそうですね!】

さあさあ、いかがでしょうか。この無駄のなさ、最高にエコだと思いません? しかも荷物も少なくて済むし、合理的なことこの上ないっ。

目からウロコなアイデアに、思わず脱帽。ツナとご飯という組み合わせは言うまでもなくテッパンの美味しさですし、これを知っておくといざというときかなり助かるかも!

キャンプにはもちろん、予期せぬ災害に遭った際にも、ひもじい思いをしなくて済みそうです。

参照元:YouTube

この記事の動画を見る