写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは3月9日、スポーツデバイス「Smart-B Trainer SSE-BTR1」のソフトウェアアップデートを開始した。新しいトレーニングメニューとして、プロトレーナー監修のフィットネス「清水忍のFit & Run」を追加する。

Smart B-Trainerは、ヘッドホン一体型のスポーツ用音楽プレーヤーに各種センサーを組み込んだウェアラブル端末。これまではランニングを中心にサポートしていたが、アップデートによりストレッチや筋力トレーニングなどが可能なフィットネスメニュー「清水忍のFit & Run」を利用できるようになる。メニューの監修は、プロ野球選手なども指導するトレーナー、清水忍氏が担当している。

「時短」を意識したメニューになっており、少ない回数を正しいフォームでこなす効率のよいトレーニングが可能。正しいフォームは専用アプリで確認できるほか、音声ガイドによる注意点の解説も聞ける。また、フィットネスのあとにランニングを行う「クロストレーニング」にも対応する。