イタリアの首都ローマにある諸聖人の聖公会を訪れたローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(2017年2月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は、9日に発行された独誌とのインタビューで、既婚男性を聖職者に任命することを検討する可能性に言及した。聖職者が不足している遠隔地での任務が考えられるという。

 フランシスコ法王は独週刊紙ディー・ツァイト(Die Zeit)に対し、カトリック教会の活動に既に関与している年配の既婚男性に言及。司祭や助祭などへの叙階が可能かどうか検討する必要があると指摘した上で、「たとえば遠隔地で、どのような任務を担えるか決めなければならない」と述べた。

 カトリック教会では各地で聖職者が不足しており、教会内部からは、聖職者になるための新しいルートを設けるべきだとの意見が多く出ている。独身の誓いを立てた従来の聖職者に加え、教会に長年尽くしてきた年配既婚男性も叙階の対象に含めてはどうかというのだ。

 前法王ベネディクト16世(Benedict XVI)をはじめ、カトリック教会は先に、聖職者の独身制は教会の確固たる教義に基づく決まりではないと述べている。ただ、フランシスコ法王は既婚男性の助祭任命を認めることは聖職者不足の「解決策にはならない」とも指摘した。
【翻訳編集】AFPBB News