写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleは3月9日(現地時間)、Google Cloud Next '17カンファレンスにおいて「Hangouts」の新しいグループビデオサービス「Hangouts Meet」とチームコラボレーションサービス「Hangouts Chat」を発表した。開発者を中心に人気を集めるSlackに対抗するサービスと見られている。MeetはG Suite向けに数週間をかけてロールアウトされ、ChatはEarly Adopter Program(EPA)からの提供開始になる。

Meetの特徴は手軽であること。ビデオミーティングを設定してリンクを共有するだけで、外部の参加者も含む最大30人のグループビデオチャットを手軽に開始できる。G Suiteと統合されているので、G Suiteユーザーはカレンダーイベントやメールから直接ミーティングにアクセス可能。G Suite Enterpriseエディションにはミーティングごとにダイヤルイン電話番号が生成され、それを使って電話からも参加できる。

WebRTCを用いたWeb版は、WebRTC対応のブラウザではプラグイン無しで利用可能。モバイルではAndroidとiOSでHangouts Meetアプリが用意されている。動作が軽量で、デバイスのパフォーマンスへの影響が小さいのも特徴の1つだ。

Chatは、チームプロジェクトにおけるコミュニケーションのニーズをインテリジェントに満たすツールである。プロジェクトごとに仮想ルームが割り当てられ、スレッド化された会話でチームメンバー全員がプロジェクトで起こっていることを容易にフォローできる。

G Suiteと統合されているので、Chatの会話の中でDirveやDocs、Photosからのコンテンツを確認できる。過去のコンテンツが必要になったら、フィルター対応の検索機能を使ってプロジェクト内でコンテンツを絞り込める。ミーティングの計画では、自然言語処理と機械学習によるチャットボット@meetがカレンダーやHangouts Meetを確認して、チームにとって最適な時間にスケジュールしてくれる。Google App Scriptを用いたスクリプティングにも対応。サードパーティのアプリケーションを統合して、会話の中で様々なタスクを処理できる。

(Yoichi Yamashita)