Brave Girls、新曲「Rollin′」MVのクリーンバージョンを公開…19禁議論を考慮

写真拡大

Brave Girlsがミュージックビデオのクリーンバージョンを公開した。

Brave Girlsは本日(10日) 0時、BraveエンターテインメントはYouTube及びSNSチャンネルを通じて、新曲「Rollin'」の15歳観覧可能の判定を受けたクリーンバージョンのミュージックビデオを公開した。

公開された映像では、青少年観覧不可(19禁) 判定を受けたオリジナルミュージックビデオで、扇情性の論争を巻き起こした露出度の高い衣装が含まれた部分がすべて削除された。

本日(10日)、Brave Girlsの関係者は「扇情性論争のため、死活をかけて一生懸命に準備したタイトル曲『Rollin'』が低く評価されるのではないかという懸念があった。Brave Girlsが単純にセクシーさだけを掲げたのではなく、大衆性と音楽性を兼ね備えているという評価を受けるために、ミュージックビデオで扇情性の論争が起こる可能性のある部分を全面修正した」とし「Rollin'」のミュージックビデオのクリーンバージョンを公開した理由を明かした。

タイトル曲「Rollin'」はトロピカルハウスを取り入れた軽快なアップテンポのEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック) 曲で、中毒性の強いメロディとインパクトのあるポイントダンスが話題を集め、好反応を得ている。

また、Brave Girlsは12日の15時、HOTTRACKS永登浦(ヨンドゥンポ) 店でファンサイン会を開催する。今回のファンサイン会参加券は、本日(10日) からHOTTRACKS永登浦店でBrave Girlsの「Rollin'」のアルバムの購入者を対象に、先着順で100人にプレゼントする。