ガンバ大阪は、2017年3月11日に市立吹田サッカースタジアム(以下:吹田スタジアム)で開催されるガンバ大阪対FC東京戦にて、高輝度レーザー光源プロジェクターを使用したJリーグ史上初となるサッカーフィールドへのプロジェクションマッピングイベントを開催する。テクニカルパートナーはパナソニック株式会社、コンテンツプロバイダーは株式会社タケナカ。

同フィールドプロジェクションマッピングイベントでは、パナソニック社製高輝度レーザー光源プロジェクター「PT-RZ31KJ」などを合計20台使用し、約7,000平方メートルのグラウンドへプロジェクションマッピングを行う。また、吹田スタジアムに設置されているLED投光器との連携によってダイナミックな演出が可能になったとしている。同イベントの実施時間は、18時50分頃に行われる試合前選手紹介時(センターサークル部分)と、試合終了後の21時頃(ピッチ全面)。

吹田スタジアム フィールドプロジェクションマッピングイベント