『ゲットダウン』パート2 キーアートビジュアル

写真拡大

 4月7日より全世界同時オンラインストリーミングが開始される、Netflixオリジナルドラマ『ゲットダウン』パート2より、キーアートビジュアル、場面写真、本予告映像が公開された。

参考:『ゲットダウン』J・スミスが語る、ヒップホップの始まりと真髄「ワイルドだけど知性的なんだ」

 本作は、『ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』のバズ・ラーマン監督と、その妻でプロダクションデザインを手がけるキャサリン・マーティンが贈る、ヒップホップ誕生に迫るドラマシリーズ。貧しく波乱に満ちたNYサウスブロンクスから生まれたヒップホップチーム“ゲット・ダウン・ブラザーズ”による新たなムーブメントや、主人公エゼキエル“ブックス”とヒロインのマイリーンのロマンスなどを描き出す。

 このたび公開されたキーアートビジュアルには、NYの街、レコード、マイクを背景に、主人公エゼキエルたち登場人物の姿がコラージュされている。場面写真には、“ゲット・ダウン・ブラザーズ”がパフォーマンスを行う姿や、歌手として動き始めたヒロインのマイリーンの姿が捉えられている。

 あわせて公開された本予告映像は、ミュージック番組のニュース風の紹介からスタートし、成功へ駆け上がっていく彼らの姿や、ブロンクスの影の部分でもある大人たちや周囲の変化が描かれている。(リアルサウンド編集部)