10日、韓国メディアは、19世紀後半に日本に持ち込まれたとみられる朝鮮の兜と鎧一式が韓国へ戻ってきたと伝えた。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。

写真拡大

2017年3月10日、韓国・KBSは、19世紀後半に日本に持ち込まれたとみられる朝鮮の兜(かぶと)と鎧(よろい)一式が韓国へ戻ってきたと伝えた。

韓国の文化芸術企業スターアンドカルチャーは9日、ソウルの世宗文化会館で会見を開き、古美術品収集家のユン・ウォニョンさんが昨年11月に英国のある競売で落札した兜や鎧、朝服(官員が祝日や重要な儀式の際に着ていた礼服)、帯、靴などを公開した。

スターアンドカルチャーは競売会社が提供した資料を基に、これらの武具一式が1900年に日本でドイツ人骨董品商人によって販売されていたものと判断した。1902〜1905年にある英国人が購入し、昨年まで保管していたという。

兜の前面には5つの爪を持つ龍の模様があり、後面には鳳凰が彫られている。兜は赤い布で作られており、肩の部分に金属製の龍の装飾が施されている。

ユンさんは「兜の装飾から判断すると、高宗が所有していたものとみられる」とし、「日本の東京国立博物館にある兜と鎧は高宗皇帝の品物と言われているが、それと類似している」と主張した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「大事な文化財産が戻ってきてよかった」「どんな宝石よりも美しく価値のあるものだ」「かっこいい。家に飾りたい」など喜びの声が寄せられている。その他、「文化財の回収は政府がすべきことなのに」「国力が弱くて奪われたのではない。親日派が自ら差し出したんだ」「東京にある兜と鎧も回収しなければならない。韓国の文化財を隣の国が所有しているなんておかしい」「金ではなく力で取り戻すべき。そうすれば日本植民地時代に起きたことに対する謝罪を受けなくてもいい」「先進国で保管してもらった方が長く良い状態を保てるかも」などのコメントもみられた。(翻訳・編集/堂本)