『ろんぐ・ぐっどばい〜探偵 古井栗之助〜』 ©日本スカイウェイ

写真拡大

映画『ろんぐ・ぐっどばい〜探偵 古井栗之助〜』が、5月20日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(2枚)】

同作は、映画『苦役列車』の脚本や監督作『あなたを待っています』などを手掛けるいまおかしんじの監督作。レイモンド・チャンドラーの小説『長いお別れ』をロバート・アルトマン監督が映画化した『ロング・グッドバイ』にオマージュを捧げる作品となる。

物語の主人公は、施設で育った雇われ探偵の古井栗之助。自殺した女性が盗んだ金の回収を依頼された栗之助が、ギャンブル好きのニューハーフにつきまとわれながら調査を進めていく、というあらすじだ。

栗之助役を演じるのは映画監督としても活動する森岡龍。同作ではテーマソング“ろんぐ・ぐっどばい”の歌唱も担当している。また栗之助の元恋人・沢口ゆかり役に手塚真生、ニューハーフの沙織役に蜷川みほがキャスティングされているほか、松本妃代、仁科あい、諏訪太郎らが共演者に名を連ねる。