羽鳥:安倍首相向け?

写真拡大

連日のように疑惑噴出の学校法人「森友学園」の籠池理事長がきのう9日(2017年3月)、ユーチューブに「トカゲのしっぽ切りはやめて」と、政治家向けともとれる投稿をした。稲田朋美・防衛大臣や安倍首相が距離を置き始めていることにいらだち始めたらしい。本当はどこまでのつき合いなのか、実態の一部もちらつくやり取りが展開されつつある。

「2年前、稲田防衛相と会った」

投稿されたのは29分間の動画。「教育勅語のどこが悪い」といった憤懣をぶちまける中で、名前は出さないが「国会議員も報道を気にしている」「よく存じている人もいる」と強調した。どうやら、稲田氏が「籠池氏とは面識はあるが、ここ10年ほど会っても、話してもいない」と述べたことを指すらしい。籠池氏は「2年ほど前に、ある特定の会合で会った。言わないのはおかしい」と言い切った。

稲田氏はきのうの参院外交防衛委員会の終了後、他の閣僚や議員と離れて傍聴人用の出入口から姿を消した。

稲田氏以外の相手にも籠池理事長は「私をしつこい奴やとか言う。電話番号なんか知りませんよ」と反発していた。

トカゲの本体は誰か

司会の羽鳥慎一「おそらく安倍首相に向けたことです」

安倍首相が籠池理事長からの接触について「事務所にも妻にも非常にしつこい中で、いや熱心にですね」と発言したことに反発したと見られる。首相も籠池氏と距離を置きだした。これはどういうことか?

籠池氏が「トカゲのしっぽ」だとすれば、トカゲの本体は誰なのかを当然、問題しなければいけない。