テレビドラマ「フルハウス」の女優でファッションデザイナーのメアリー=ケイト・オルセンが、ニコラ・サルコジ元フランス大統領の異母弟であるオリヴィエ・サルコジ氏との結婚についてコメントした。

現在30歳のメアリー=ケイトは47歳のサルコジ氏と2012年に熱愛が明らかになり、2015年に結婚した。

双子のアシュレーとファッションデザイナーとして仕事に励むメアリー=ケイトはファッションサイト「NET-A-PORTER」の「ザ・エディット」誌に仕事について「私たちは幸運なの。(一生懸命仕事をすることは)私たちにとってとても自然なことよ。座って、考えて、熟考する時間はそんなにいらないの」「でも、私には夫がいて、2人の継子がいて、生活があるわ。家に帰って、ディナーを作らなければいけないの。週末に走るわ。自分がリラックスできることを見つけるのよ。もし、それがないのなら、探さなきゃ。そうじゃなきゃ、疲れ切って、実りがないわ」と話している。

メアリー=ケイトはこれまで結婚生活について語ることはなかったが、仕事と家庭をしっかりと両立しているようだ。

人妻になったメアリー=ケイト・オルセン (c)Imagecollect.