(写真左から)「濃厚ミルク仕立て 抹茶ラテ」「濃厚ミルク仕立て クリーミーミルク」「濃厚ミルク仕立て カフェラテ」

写真拡大

雪印コーヒーの発売55周年を迎えた雪印メグミルク(東京都新宿区)は、カップ乳飲料の新シリーズ「濃厚ミルク仕立て」を立ち上げた。2017年3月14日、同シリーズから「濃厚ミルク仕立て クリーミーミルク」「濃厚ミルク仕立て 抹茶ラテ」「濃厚ミルク仕立て カフェラテ」の3商品を全国発売する。内容量はいずれもLL200gで、希望小売価格は各165円(税別)。

「濃厚ミルク仕立て」は、家事や仕事で頑張った後の特別な時間、プチぜいたくを味わいたい人をターゲットに開発された。ミルクの濃厚さにこだわり、無脂乳固形分8.5%以上、乳脂肪分3.8%以上を満たしている。

ラインナップの中心に白いラテの「クリーミーミルク」をすえた。ほんのりバニラ風味で、シリーズ最大の特徴である濃厚なミルク感をストレートに味わえる。「抹茶ラテ」は薫り高い抹茶(石臼ひき宇治抹茶)を、「カフェラテ」は力強さのあるコーヒー成分(じっくり火を通した焙煎豆)をそれぞれブレンドした。従来品の「Baristaism抹茶ラテ」「Baristaismカフェラテ」に比べて抹茶分は1.3倍、コーヒー分は1.2倍に増量。

カップ乳飲料の最大ボリュームゾーンはコーヒー系飲料。茶色を基調としたパッケージが目立つなかで、「濃厚ミルク仕立て」はミルクを象徴する白を基調としたデザインをカップとフタに採用。店頭でも目立つパッケージになっている。